2016年」の記事一覧

小傷から車内を守る「シートバック・プロテクションカバー」

ラゲッジルームの保護と機能を両立30アルファード/ヴェルファイア用愛車を使っていれば避けられないのが、小さな傷。そんな傷つきを防止するアイテムを数多くリリースしているのが、カーオーディオメーカー「アルパイン」の『新車計画.…

続きを読む...

3万円台からできる内外装パーツのカーボン化

手頃な価格設定ながらも高品質な仕上がりを実現昔よりも身近にはなったが、それでもまだ遠い存在がカーボンだ。「ワンオフで好きな場所をカーボンにしたい」を可能にできるショップは本当に限られている。人気のカスタムショップ「FIR...

続きを読む...

【DIY】ドアノブ裏のひっかき傷を予防するプロテクションフィルム

ドレスアップ効果も望めるカーボンタイプ耐候性とガード機能を備えたフィルムドアノブを握るとき、ツメなどがボディに当たると細かなキズがついてしまう。ひとつひとつは小さくても、これが増えるとボディがくすんで見えてしまう。そん…

続きを読む...

「スカイライン」のサーフィンラインとワゴンの歴史

意外にも短命だったスカイラインの象徴サーフィンラインの真のデザインとは往年の「日産スカイライン」の3大アイデンティティといえば、直列6気筒エンジン、丸目4灯テールランプ、そしてリアフェンダーのサーフィンラインだ。このサー...

続きを読む...

1 / 117123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. キャンピングカー初心者に送る「購入時にチェックすべき5つのポイント」

    「何名で宿泊する? 駐車場に入るの?」 就寝時のスペースも考えて購入し...

  4. 普通免許でもOK!! 運転する楽しさと車中泊を両立するキャンピングトレーラー

    駐車スペースなどの費用は必要だが 運転する楽しさと機動性は失わない ...

  5. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...

  6. 車中泊時の「寝袋」選びは安眠と動きやすさが重要

    寝袋選びの基本は、寝袋ごとに設定される「快適睡眠温度」が使用時の気温にあ...

  7. 無法キャンパー増加で「車中泊ができなくなる!?」

    車中泊で守らなければいけない 7つのマナーとモラルを知る 大変です。...

  8. 「技術の日産」の礎となったレース参戦!厳選耐久レース用マシン5台【ニスモフェスティバル2018】

    レースで培ったターボ技術 サーキットは走る実験室だ 12月2日、静岡...

  9. 運転や駐車場の心配ご無用「グッと身近になったキャンピングカー事情」

    軽カーやミニバン、ハイエースベースなど 用途にあわせて幅広い車種で楽し...

  10. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...