2016年」の記事一覧

小傷から車内を守る「シートバック・プロテクションカバー」

ラゲッジルームの保護と機能を両立30アルファード/ヴェルファイア用愛車を使っていれば避けられないのが、小さな傷。そんな傷つきを防止するアイテムを数多くリリースしているのが、カーオーディオメーカー「アルパイン」の『新車計画.…

続きを読む...

3万円台からできる内外装パーツのカーボン化

手頃な価格設定ながらも高品質な仕上がりを実現昔よりも身近にはなったが、それでもまだ遠い存在がカーボンだ。「ワンオフで好きな場所をカーボンにしたい」を可能にできるショップは本当に限られている。人気のカスタムショップ「FIR...

続きを読む...

【DIY】ドアノブ裏のひっかき傷を予防するプロテクションフィルム

ドレスアップ効果も望めるカーボンタイプ耐候性とガード機能を備えたフィルムドアノブを握るとき、ツメなどがボディに当たると細かなキズがついてしまう。ひとつひとつは小さくても、これが増えるとボディがくすんで見えてしまう。そん…

続きを読む...

「スカイライン」のサーフィンラインとワゴンの歴史

意外にも短命だったスカイラインの象徴サーフィンラインの真のデザインとは往年の「日産スカイライン」の3大アイデンティティといえば、直列6気筒エンジン、丸目4灯テールランプ、そしてリアフェンダーのサーフィンラインだ。このサー...

続きを読む...

1 / 117123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. 「松本走りをやめろ」は本当に正しいのか? 道路事情を無視した市長の発言に疑問

    インフラの不整備が無理な右折を発生させる  長野県の松本市...

  3. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  4. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  8. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  9. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...

  10. 9.98万円で買える!110ccベトナム製ホンダバイクの万能な高性能ぶりに驚いた

    小型2輪のAT限定免許でも運転可能  ここで紹介する110ccバイク、...