2017年」の記事一覧

「スーパーカーニバル2017」で見つけた、スペシャルなハイエース&キャラバンカスタム

ユーザー投票ナンバー1&編集部のハートに刺さったカスタムモデルをピックアップハイエーススタイル、ワゴニスト、Kスタイルの3誌合同で開催した「スーパーカーニバル2018」。そこに集まったカスタムハイエースの中から、...

続きを読む...

「クスコ」が出力アップを数値で実証、水平対向に最適なエンジンオイル添加剤を発売へ!

ナノレベルの超微粒子がエンジンパーツ表面の傷を埋めるイコールコンディションでしのぎを削るモータースポーツというフィールドを、製品を鍛える場として位置付けている「キャロッセ」。ノーマルの備える素性を最大限引き出してあげる…

続きを読む...

チェーン規制でも走行可能なオールシーズンタイヤとは

豪雪地域以外の人なら1年通して装着可能コストも保管スペースも節約できるチェーン規制が発令された道を通行するには、タイヤチェーン又は冬用タイヤの装着が必要だ。「冬タイヤ=スタッドレスタイヤ」と思われるだろうが、実はオールシ…

続きを読む...

「プローバ」がプロデュースする走りが変わるスペシャルメニュー

2ペダル「SUBARU」車オーナーは注目、フルード交換で走り激変する!「レヴォーグ」や「WRX S4」など、2ペダルでもスポーティな走りが楽しめるモデルが用意されている「SUBARU」。その走りをさらに高める秘策が、「プ...

続きを読む...

純正HIDの悩みはコレで解消!! D4SとD4Rのヘッドライトを大幅に明るくできる

純正比140%アップの明るさを実現1年保証付きで車検にも対応する最近の純正HIDヘッドライトに多く採用されるのが、D4S(プロジェクター式)とD4R(リフレクター式)というバルブタイプ。環境に配慮した水銀フリーで、バルブ...

続きを読む...

スバル車で気持ちいい走りを手に入れる、”縁の下の力持ち”な2アイテム

名門クスコから新たな補強パーツ見た目は地味だけど効果あり!「クスコ」から痒いところに手が届く2アイテムが新発売。どちらも劇的にクルマが速くなるという類いのパーツではないが、走行フィール向上&節度ある操作フィールを実現して…

続きを読む...

【工場見学】スプリングに魂をかける純国産の製造現場へ突入

材料から製造まで一貫してこだわる「タナベ」のメイド・イン・ジャパン世界からモノづくり大国として一目置かれる、日本。そのプライドを胸に、国産メーカーは日々、モノづくりへ真摯な姿勢で取り組んでいる。マフラーとサスペンション…

続きを読む...

1 / 163123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  2. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  3. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  4. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  5. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  6. 1969年に起こった衝撃! 日産の名車、フェアレディZとスカイラインGT-R 誕生

    希少な両車をオートモビルカウンシルへ展示  国産車の歴史の中で、パフォ...

  7. 80〜90年代の日産車はよかった! 「901運動で生まれた名車5選」

    技術の世界一を目指し、評価を受けたモデルたち  901運動と聞いてピン...

  8. 最高落札額は53億円! クラシック・フェラーリが超高値で取引されている理由

    クルマの美術的価値は数年前に不動になった  もともとオークションとは絵...

  9. 家族の安全を守る!ブレンボがミニバン用大容量ブレーキキットを発売

    トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用を設定  世界を代表するブレーキ...

  10. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...