2017年1月」の記事一覧 - 10ページ目

「デ・トマソ」再来!スポーティブランド“SPORZA”を提案【東京オートサロン2017】

ダイハツの往年の名車を彷彿させるレッド&ブラックのカラーリング2013年1月13日から幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2017」の「ダイハツ」ブースでは、レッド&ブラックにペイントされた4台が主役の座を占めた...

続きを読む...

「サード」が86&BRZ用『4連スロットル』を新開発【東京オーロサロン2017】

絶対パワーよりフィールアップNAらしい高レスポンスを実現トヨタ86、スバル BRZは、国産スポーツカーのなかでもチューニング&カスタマイズのベース車両として高い人気を維持している。そのためパーツはもちろんチューニングメニ...

続きを読む...

フジツボが「ローダウン車用」マフラーを開発【東京オートサロン2017】

『レガリスR』と『スーパーEX』のリニューアルS30型フェアレディZ用マフラーもラインアップフジツボではローダウン車両への装着を前提に、従来の『レガリスR』と『スーパーEX』のリニューアルを敢行。旧車ブームの影響もあり依...

続きを読む...

スズキが妖艶ボディカラーのカスタマイズを新提案【東京オートサロン2017】

スペーシアカスタムをドレスアップ派手なクルマでもさらなる伸びしろを提案東京オートサロン2017の「スズキ」ブースで、最新軽自動車のカスタム事例を発見。まさにドレスアップのお手本ともいえる『スペーシア カスタムZ プレミア...

続きを読む...

【DIY】塗って剥がせる「液体ラバースプレー」で気軽に色替え

気分によって色を変えられる全12色をラインアップスプレーするだけでボディやホイールの色を変更できるのが「TSM」の『液体ラバースプレー』。しかも、ラバータイプなので簡単に剥がせる。一度塗ったら後戻りできない全塗装や塗装用...

続きを読む...

『サイバーナビ』運転支援機能をVRで体験【東京オートサロン2017】

道案内と安全運転支援だけでなく高い音響性能ももつ高性能ナビ「東京オートサロン2017」の「カロッツェリア」ブースでは、最新の高性能ナビゲーション「サイバーナビ」を中心に展示。実機体験だけでなく、サイバーナビの運転支援シス...

続きを読む...

スズキが「イグニス」本格オフ仕様を提案【東京オートサロン2017】

モトクロッサーをイメージしたデザインワークスチームのカラーリングを採用スズキ『イグニス』は、小型車であるが、独特の個性を表現したクロスオーバースタイルで確固たる地位を確立している一台。個性が強すぎるあまりカスタムベース…

続きを読む...

10 / 17«...91011...»

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  5. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 46万kmスカイラインGT-R「特殊ヒューズ」で電通快適化【BNR32不定期連載8】

    高性能なヒューズに換装するだけで コンピュータの信号レスポンスがアップ...

  8. トヨタが新型ハイエースを発表!次期モデル300系として国内投入に期待!

    大幅に大型化したセミボンネットボディを採用  トヨタは、2月18日に、...

  9. 90年代国産車が海外に流出! 高値で取り引きされるスポーツモデル4選

    北米輸出が加速する「25年ルール」  国外からの中古車の輸入が厳しく制...

  10. ドレスアップと車中泊が同時に楽しめる1台2役なミニバン・キャンパーの提案

    アルパインスタイルとトイファクトリーが夢のコラボ  近年のブームもあっ...