2017年3月」の記事一覧

30年前のトヨタ”AE86″が300万円で売れるワケ

かつて走り屋入門車だった「ハチロク」が希少な旧車(=ヒストリックカー)に仲間入り販売終了してから、ちょうど30年目を迎えるトヨタAE86型カローラ・レビン&スプリンター・トレノ。レビン&トレノは、この後のAE92型からF...

続きを読む...

「ホログラムリムレザータトゥー」でホイールのオリジナリティを演出

「ワーク」ロゴ以外にチーム名なども刻印可能世界に1本というホイールが手に入れられる魅力的な新作を続々とリリースするホイールメーカー「ワーク」。あまり知られていないが、人との違いを演出したいオーナーたちに向けた個性的なワン…

続きを読む...

【知ってる?】免許証の住所変更に必要なモノとは

転居したときの免許証の記載変更も忘れると免許更新を知らせるハガキが来なくなる身分証明書にもなる運転免許証。進学や転勤などで住所が変わったときは、速やかに地元の警察署に「運転免許証記載事項変更届」を提出する必要があります…

続きを読む...

1 / 11123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  4. 中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿

    クラッシックカーを身近に、快適に楽しむべく 一石を投じた「ロッキーオー...

  5. 46万kmスカイラインGT-R「特殊ヒューズ」で電通快適化【BNR32不定期連載8】

    高性能なヒューズに換装するだけで コンピュータの信号レスポンスがアップ...

  6. トヨタが新型ハイエースを発表!次期モデル300系として国内投入に期待!

    大幅に大型化したセミボンネットボディを採用  トヨタは、2月18日に、...

  7. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. ハイスペック故にリッター10km以下! 乗って楽しい「悪燃費な国産車」5選

    乗ると踏みたくなる名機の持ち主たち  ここのところハイブリッド車が一般...

  10. 懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ

    往年の名作が復活ラッシュ!! いまのクルマに履くべき"古き良き"5本 ...