2017年6月」の記事一覧

イラッとしません??「ウインカーを出すのが遅くて自己中な動きをするクルマ」

ウインカーを点灯させればOK?正しい「合図」を出すタイミングとは「日本一ウインカーを出さない県」と自虐的な動画が話題となったが、そもそも“イラッ”というより、もはや危険すぎる行為である。今更なのだが、右折、左折時はもちろ...

続きを読む...

ヘタらないスプリングを採用する車高調整式サスペンション

サスキットが「スポーツシリーズ」に進化走行するステージに合わせた4タイプを設定「クスコ」の車高調整式サスペンションキット『スポーツZERO3シリーズ』が『スポーツシリーズ』へと生まれ変わった。走るステージに合わせて『スポ...

続きを読む...

王道の5スポークフォルムで魅了する2ピースホイール『グノーシスGR205』

伝統が息づく揺るぎない存在感が宿るハイエンドな「ワーク」の期待作クルマに限らず、ファッションやグルメなどの世界においても存在する、信頼のブランド。長年に渡り自動車カスタムのフリークたちから絶大な支持を集めてきたホイール…

続きを読む...

レヴォーグとWRXに本格派スポーツマフラー登場【東名パワード】

オールチタンで驚異的な軽量化“速く走る”を追求した競技用マフラー「東名パワード」の『エクスプリームTi』は、“速く走るため”だけに開発されたピュアスポーツマフラー。今回、新たにスバル・レヴォーグお...

続きを読む...

「ウェッズスポーツ」がオトナの鍛造ホイールを発売【FT-117】

シンプルな質実剛健を足元に20インチ限定の本格派ホイールファッション性やトレンドなど、ホイール選びで重視するポイントは十人十色。しかし、アルミホイール本来の武器である軽さや剛性という要素にこだわるならば、鍛造製法という選.…

続きを読む...

1 / 12123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

    自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

  4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

    小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

  5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

    「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  8. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  10. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...