「はみ出しタイヤ」でも車検に通るってホント!? (1/2ページ)

「はみ出しタイヤ」でも車検に通るってホント!?

この記事をまとめると

  • 平成29年6月の改訂で10mmまでのハミタイはOKになったのか?
  • 新車はもちろん20年以上前の旧型車にも適応される
  • 許容される10mmはラベリングやリムガードに限られる

やはり見せかけだけの保安基準の改正
「ハミタイ10mmまでOK」は狭き門

 

 今年の6月22日以降、保安基準が改正になり、いわゆる“ハミタイ(はみ出しタイヤ)”でも車検対応になる、というニュースがSNSで話題になっている。このニュースのソースとなるのは、「自動車技術総合機構からのお知らせ」というものだ。「はみ出しタイヤ」でも車検に通るってホント!?

 なかでもウワサになっているのが、「回転部分の突出禁止規定の見直し」という項目。
SNS上では、”ホイールやタイヤがフェンダーから多少はハミ出してもOK”という解釈など、定かでない情報も飛び交っている。そこで「自動車技術総合機構」の検査部検査課に確認をとってみることにした。
結果、判明したのは下記の通りだ。回転部分の突出禁止規定 自動車技術総合機構

対象になるクルマとは

 自動車の製作された日を問わず適用。当初、平成29年6月22日以降に新車登録したクルマに限るというウワサが流れたが、10年前、20年前の古いクルマでも適用されることになる。ロードスター

画像ギャラリー