【DIY】ドラレコなどの配線を美しく整理!万能「コードレール」 (1/2ページ)

【DIY】ドラレコなどの配線を美しく整理!万能「コードレール」

ごちゃついた車内配線がスッキリ
ハサミでカットして貼付するだけ

スマホの充電やレーダー探知機など、シガーソケットやOBDから電源を採ることはあるだろう。
いろいろと便利になる半面、悩ましいのがむき出しになっているケーブル(配線)。クリップなどで固定しても、たるんでしまったり、ネジれてしまったりと、とにかく見た目がよろしくない。画像はこちら
そんな配線をスッキリと固定できるのが「愛工房」の『コードレール』。柔軟な素材にレール型のゴムが、むき出しになっているケーブルを包み込むようにして固定できる。
車内に追加した配線を手軽に整理整頓できるスグレモノだ。

愛工房

上の写真のように矢印をしないとわからないほど、内装に馴染んでしまう『コードレール』。
取り付けはいたってカンタン。
コードレールは1本25cm。
愛工房画像はこちら下の写真のようにコードレールの断面は、溝のようになっているので、ここにケーブルを挟み込む。
ツメが付いているので切り欠き部が下になってもケーブルが垂れ下がってこないのが特徴だ。
愛工房画像はこちら

step1

  • おおまかにケーブルを這わせる場所(レイアウト)をザックリと決める
  • コードレールを軽く当てて、適度な長さでカット。ハサミでも切れるのでカンタンだ。
  • 装着場所が決まったら、パーツクリーナーなどで脱脂をする

愛工房画像はこちら

step2

  • コードレールの背面の3M製両面テープを剥がす。
  • 貼付する前にコード側の両面テープにプライマーを付ける

 

愛工房画像はこちら

貼付場所とカットが終わったら、いよいよコードレールの装着。
耐熱性にも優れる3M製両面テープの剥離紙(ツルツルの方)を剥がすのだが、ここでひと手間かけると仕上がりが断然違う。

 

愛工房画像はこちら

剥離紙を剥がした粘着面をプライマー(粘着促進剤)でサッと一拭き。
これだけで、貼付するときのレールコードの追従性がまったく違うのだ。愛工房画像はこちら

ちなみにプライマーには、ガラス用のG-200、塩ビ/FRP用はN-200、鉄やPP、ABS樹脂用がK-500とあり、両面テープを貼付する場所によって使い分けるといいだろう。