2017年9月」の記事一覧

在庫数1000本以上!! 足元のカスタマイズをリードする「フジスペシャルブランド水戸店」オープン

クルマ文化の盛んな北関東地域にワンランク上のタイヤ&ホイール専門店全国に展開する販売網と豊富な品揃えで、ドレスアップオーナーを支える「フジ・コーポレーション」。このたび茨城県では2店舗目となる、『タイヤ&ホイール館フジス…

続きを読む...

BLITZが手がけるストリート仕様の「カッコマン・アルト」【アルトワークス・デモカー第四弾】

機能とスタイルを重視した、老舗が贈るエクステリアアイテムスズキ・アルトワークスをスポーティ&上質に進化させるのが、「ブリッツ」の『エアロスピードシリーズ』。だが、そこはチューニングメーカーの老舗の技が光る部分。スタイル…

続きを読む...

強度と軽さを両立したハイグレードホイール「レオニス・ナヴィア06」

高いデザイン性と性能を両立独自のライトコンセプトで走りを変えるウェッズの中で、ラグジュアリー部門を担当するブランド「レオニス」。ゴージャス&スタイリッシュなデザインに加え、独自のライトコンセプトに基づき、軽さという特色…

続きを読む...

LEDが点灯するペーパークラフト体験会実施、キッズも集まれ!!【スーパーカーニバル2017・見どころ情報4】

大人気の「体感&体験ゾーン」は親子で楽しめる充実の内容に!10月8日(日)、”舞洲スポーツアイランド 風そよぐ丘・空の広場(大阪府)”で開催する「スーパーカーニバル2017」。その見どころについては、これまでもピックアッ...

続きを読む...

【車両総重量1.1倍以下ルール】「社外ブレーキの取り付けができなくなる」は本当なのか

10月1日から適用される車検基準「車両総重量1.1倍以下ルール」とは!?10月1日より車検の基準が変わり、社外のブレーキキャリパーやローターを装着したクルマは、車重が1kgでも増えるとアウトになるという噂がある。 いわゆ...

続きを読む...

アパレル定番の「アーミールック柄」を車内に取り入れる新発想!

貼るだけで車内の雰囲気はガラリ!新感覚な迷彩柄が流行りなのですアパレルでは定番のアーミールック(カモフラ)柄を取り込み、クルマ目線とはひと味違うオシャレを楽しめるのが「LANBO(ランボ)」の新作インテリアアイテム『アー...

続きを読む...

1 / 13123...10...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...