2017年12月」の記事一覧

「スーパーカーニバル2017」で見つけた、スペシャルなハイエース&キャラバンカスタム

ユーザー投票ナンバー1&編集部のハートに刺さったカスタムモデルをピックアップハイエーススタイル、ワゴニスト、Kスタイルの3誌合同で開催した「スーパーカーニバル2018」。そこに集まったカスタムハイエースの中から、...

続きを読む...

「クスコ」が出力アップを数値で実証、水平対向に最適なエンジンオイル添加剤を発売へ!

ナノレベルの超微粒子がエンジンパーツ表面の傷を埋めるイコールコンディションでしのぎを削るモータースポーツというフィールドを、製品を鍛える場として位置付けている「キャロッセ」。ノーマルの備える素性を最大限引き出してあげる…

続きを読む...

チェーン規制でも走行可能なオールシーズンタイヤとは

豪雪地域以外の人なら1年通して装着可能コストも保管スペースも節約できるチェーン規制が発令された道を通行するには、タイヤチェーン又は冬用タイヤの装着が必要だ。「冬タイヤ=スタッドレスタイヤ」と思われるだろうが、実はオールシ…

続きを読む...

「プローバ」がプロデュースする走りが変わるスペシャルメニュー

2ペダル「SUBARU」車オーナーは注目、フルード交換で走り激変する!「レヴォーグ」や「WRX S4」など、2ペダルでもスポーティな走りが楽しめるモデルが用意されている「SUBARU」。その走りをさらに高める秘策が、「プ...

続きを読む...

純正HIDの悩みはコレで解消!! D4SとD4Rのヘッドライトを大幅に明るくできる

純正比140%アップの明るさを実現1年保証付きで車検にも対応する最近の純正HIDヘッドライトに多く採用されるのが、D4S(プロジェクター式)とD4R(リフレクター式)というバルブタイプ。環境に配慮した水銀フリーで、バルブ...

続きを読む...

スバル車で気持ちいい走りを手に入れる、”縁の下の力持ち”な2アイテム

名門クスコから新たな補強パーツ見た目は地味だけど効果あり!「クスコ」から痒いところに手が届く2アイテムが新発売。どちらも劇的にクルマが速くなるという類いのパーツではないが、走行フィール向上&節度ある操作フィールを実現して…

続きを読む...

【工場見学】スプリングに魂をかける純国産の製造現場へ突入

材料から製造まで一貫してこだわる「タナベ」のメイド・イン・ジャパン世界からモノづくり大国として一目置かれる、日本。そのプライドを胸に、国産メーカーは日々、モノづくりへ真摯な姿勢で取り組んでいる。マフラーとサスペンション…

続きを読む...

1 / 13123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  4. 中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿

    クラッシックカーを身近に、快適に楽しむべく 一石を投じた「ロッキーオー...

  5. 46万kmスカイラインGT-R「特殊ヒューズ」で電通快適化【BNR32不定期連載8】

    高性能なヒューズに換装するだけで コンピュータの信号レスポンスがアップ...

  6. トヨタが新型ハイエースを発表!次期モデル300系として国内投入に期待!

    大幅に大型化したセミボンネットボディを採用  トヨタは、2月18日に、...

  7. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. ハイスペック故にリッター10km以下! 乗って楽しい「悪燃費な国産車」5選

    乗ると踏みたくなる名機の持ち主たち  ここのところハイブリッド車が一般...

  10. 懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ

    往年の名作が復活ラッシュ!! いまのクルマに履くべき"古き良き"5本 ...