「古臭い」がオシャレ!! 見た目はクラシカルでトラブル知らずなカスタム提案 (1/2ページ)

「古臭い」がオシャレ!! 見た目はクラシカルでトラブル知らずなカスタム提案

この記事をまとめると

  • 現代のクルマを使った”旧車風カスタム”
  • ボディキットやコンプリートカーが存在する
  • ランクルのレトロ化やステージアがハコスカになる

高級路線の先代ランクルを人気の”60スタイル”へ

旧車風、クラシカル、ブロー、クリッパー、GT-R、ハコスカ、ハコステ、ロッキーオート、スリーピース岐阜、リノカー、フレックス、ロードスターガレージ“リノベーションCAR”というコンセプトで仕立てられるフレックスの「Renoca(リノカ)」シリーズ。
この『Renoca106』は、トヨタの100系ランドクルーザーをベースに、”60系スタイル”へとモディファイしたコンプリートカーである。スクエアイメージの強い60のフォルムを再現すべく、ボンネットは頑丈なスチールで製作。角目4灯の60後期フェイスをビルトインしたり、リアまわりではゲート側の純正テールランプを取り外してスムーシング。そのうえで60タイプのテールランプやメッキバンパーが装備される。旧車風、クラシカル、ブロー、クリッパー、GT-R、ハコスカ、ハコステ、ロッキーオート、スリーピース岐阜、リノカー、フレックス、ロードスターガレージ

 この100系で高級化路線を極めたランクル。60系の外観と100系の豪華装備を同時に体感できるわけだ。
オールドユー ザーには懐かしく、若いユーザーには新鮮なレトロスタイル。現代的なSUVが街に溢れるいまこそ、このクラシカルな佇まいがオシャレなのではないだろうか。旧車風、クラシカル、ブロー、クリッパー、GT-R、ハコスカ、ハコステ、ロッキーオート、スリーピース岐阜、リノカー、フレックス、ロードスターガレージ

フレックス
https://www.flexnet.co.jp/renoca/

正面から見れば2000万円超級の風格

旧車風、クラシカル、ブロー、クリッパー、GT-R、ハコスカ、ハコステ、ロッキーオート、スリーピース岐阜、リノカー、フレックス、ロードスターガレージ

 通称”ハコスカ”といえば、2千万円を超える中古車価格を維持する超高額な旧車。「ロータスガレージ」では、そんな破格のオーラを「ステージア」へ宿すことができるボディキットを手がける。
その名も『ハコステ』。ステージア(C34型)へ、ハコスカ風のバンパー、ヘッドライトリム、ボンネットなどで構成するフェイスキットを展開。コレだけで、あの名車を彷彿とさせるフロントマスクのワゴンが完成できる。フェイスキットの価格は50万円程度。旧車風、クラシカル、ブロー、クリッパー、GT-R、ハコスカ、ハコステ、ロッキーオート、スリーピース岐阜、リノカー、フレックス、ロードスターガレージ

 くわえて、サーフラインを踏襲した前後フェンダー&ドアパネル、オーバーフェンダーなどをセットにしたフルコンプリートキットも販売中。旧車風、クラシカル、ブロー、クリッパー、GT-R、ハコスカ、ハコステ、ロッキーオート、スリーピース岐阜、リノカー、フレックス、ロードスターガレージ

ロードスターガレージ
http://roadstergarage.jp/

最新の軽バンがアメリカンなスクールバスに

旧車風、クラシカル、ブロー、クリッパー、GT-R、ハコスカ、ハコステ、ロッキーオート、スリーピース岐阜、リノカー、フレックス、ロードスターガレージ

 小さなボディにも関わらず、堂々とした風格の持ち主は軽規格の軽バン、日産のNV100クリッパーだ。
手がけたのは、70〜80年代のレトロスタイルなボディキットを展開する「Blow(ブロー)」。最新の箱バンへ用意したのは、GMC社製スクールバスをモチーフとした古き良きアメリカンスタイルを実現するボディキット。フロントフェイスキット(25万円)とリアキット(6万円)という、シンプルなパーツ構成となり、ベットマーカーや灯火類のオプションを用意している。旧車風、クラシカル、ブロー、クリッパー、GT-R、ハコスカ、ハコステ、ロッキーオート、スリーピース岐阜、リノカー、フレックス、ロードスターガレージ

 なお、スズキ・エブリイ(DA17)とマツダ・スクラム(DG17)にも適合とのこと。旧車風、クラシカル、ブロー、クリッパー、GT-R、ハコスカ、ハコステ、ロッキーオート、スリーピース岐阜、リノカー、フレックス、ロードスターガレージ

ブロー
http://www.blow-net.co.jp/

画像ギャラリー