現代でこそ輝ける!愛おしき「変わり種」な国産車5選 (1/2ページ)

現代でこそ輝ける!愛おしき「変わり種」な国産車5選

ノーマルのままでも個性満開!!
〜レトロ路線に走ったB級クルマな珍モデル〜

カスタマイズに興味のある読者にとって、クルマのドレスアップは個性を発揮する手段として必要不可欠だと思う。
エアロパーツ、ローダウン、オールペンなど、その手法もさまざま。「次はどんな風にイジろうか」と頭に描くことも多いだろうが、それに伴うカスタム費用が悩みどころ。それならば、あらかじめ変わり種なクルマを選んでみてはどうだろう。ノーマルでも個性的なベース車だ。
というわけで安価で旨い、B級グルメならぬ”B級クルマ(中古車ベース)”を選んでみました。

90年代に一斉を風靡した変わり種として、レトロ調に架装したクルマが多く販売された。サンバーディアス・クラシックを筆頭に、オプティ・クラシック、ヴィヴィオ・ビストロといったクラシカルな軽自動車だ。あくまでも日本市場だけの流行だったが、ニュービートルやBMWミニ、ダッヂ・チャレンジャーなど、原点回帰な発想を持つ輸入車もあった。この原点回帰路線、クラシカルに変化できるボディキットが売れているなど、じつは現代のカスタム界でも注目を集めている。珍車 クラシカル レトロ be-1 カサブランカ オリジン フィガロここではレトロな雰囲気味わえるオススメ車をピックアップ。ノーマルでも十分な個性を放つ5台はコレだ。

 

【トヨタ・クラシック】

【関連記事】「R35GT-R」中古車価格に異状あり!! 下げ止まりから高騰に一転! いま買うべきベストモデルは?

珍車 クラシカル レトロ be-1 カサブランカ オリジン フィガロ画像はこちらトヨタの市販車生産60周年を記念して、同社初の量産乗用車”AA型”をモチーフに、トヨタテクノクラフトが製作。1996年当時の新車価格は800万円と高価だったし、ハイラックスがベースだったこともビックリ。
(中古車相場:250万円〜)

 

【マーチ・ボレロ】
珍車 クラシカル レトロ be-1 カサブランカ オリジン フィガロ画像はこちらいわゆるパイクカーを生み出した初代マーチだが、2代目以降もさまざまなレトロ調モデルを輩出。96年はオーテックから「マーチ・タンゴ」、翌年にはジャガー風のようなフロントグリルを与えた「マーチ・ボレロ」が登場した。
(中古車相場:20万円〜)

 

【インプレッサ・カサブランカ】
珍車 クラシカル レトロ be-1 カサブランカ オリジン フィガロ画像はこちら
クラシカルな軽自動車で大ヒットを飛ばしたスバルが、普通車にも投入。インプレッサ・スポーツワゴンをベースに、丸目の灯火類や英国車風のラジエターグリルで装飾。ドアハンドルやバンパーにはクロームを使ってそれっぽく演出した。
(中古車相場:20万円〜)