2018年6月」の記事一覧 - 3ページ目

「洋食屋 たいめいけん」の茂出木シェフが乗るコダワリの愛車とチューニング、拝見

「マセラティ・レヴァンテS」を有名シェフの仕立てらしい逸品へと調律【Maserati Levante S】撮影現場に現れた超マッシブなマセラティ・レヴァンテS。颯爽と降りてきたのは、「たいめいけん」の三代目、茂出木浩司シ...

続きを読む...

プロも愛用!! 樹脂パーツの光沢復活やカーボン製品のクリア補修に

クルマのヤレた感じを払拭する、施工もラクラクに樹脂パーツを復元色あせた樹脂を甦らせる、と好評な自動車用ケミカル、「ワコーズ(WAKO’S)」の『スーパーハード』。優れた耐久性と耐熱性を持つ樹脂用コート剤であり...

続きを読む...

絶対に逃げられない日本最速パトカー!? R35GT-Rパトカーが栃木県警に配備

後席が狭い2ドアのパトカーでも違反キップへのサインはリアシートトヨタ・クラウンが主力となっている高速道路などで交通取り締まりを行うパトロールカー(パトカー)。違反車両を捕まえたとき、そのドライバーはリアシートで違反キップ…

続きを読む...

「STI名車列伝」創立20周年アニバーサリーモデル インプレッサWRXの実力

地味な見た目とは裏腹に感激を覚えた、300台限定の神ハンドリングSTI創立20周年を記念するスペシャルモデル「インプレッサWRX STI 20th ANNIVERSARY」。次なる30周年モデルがどうなるのか興味深いもの...

続きを読む...

3 / 12«...234...10...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  4. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  10. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...