2018年8月」の記事一覧

「新型ジムニー」を憧れの独英クロカン2モデルに大変身させるボディキット

Gクラスとディフェンダーの2タイプ、気になるデリバリーは年内を予定!!スズキの新型ジムニー(シエラ)が売れに売れまくっている。すでに1年分の販売台数を超える受注があるようで、納期は1年以上というウワサも。ライバル不在のパ...

続きを読む...

ゲリラ豪雨でも安心!ベロフ「撥水ワイパー」が良好な視界を確保する

『アイ・ビューティー フラットワイパー』はエアロ効果とフレーム構造で高い密着性を実現雨の日のドライブを快適にするフロントガラスの撥水系アイテム。大きく分けてウインドに塗り込むコート剤と、撥水効果を持ったワイパーブレードと…

続きを読む...

BMW M4へ「毒グモ」をイメージにフルラッピング製作

BMW愛と個性の発露が溶け合った完全無欠の欲張り仕様を具現化ミツバチカラーのE92でスタコンシーンを席巻した達人が、M4へとスイッチ。クルマは変わっても、そこにあるのはやっぱりオーナーなりの”スタイル”だ。BMWの定番を...

続きを読む...

現役レースクイーンに聞く「RQになってうれしかったこと」【第14回 つちやエンジニアリング】

新人レースクイーンが新たに加入し、好調ぶりを発揮する名門チーム1970年代からツーリングカーで実績を挙げ、SUPER GTのGT300クラスでは3度の王座に輝く「つちやエンジニアリング」。マシンは2015年から使用するマ...

続きを読む...

厳選11台!マイナーモデルに個性を吹き込むアメ車カスタマイズ

マイナーモデルだからこそ希少なアメリカの旧車カスタマイズアメリカ車の中には「これは見たことがある♪」という車種やカスタムの他に、なかなか日本では見ることができないマニアックなものも多数存在している。8月22日に東京お台場...

続きを読む...

アメ車を象徴であるマッスルカー!7200ccなんて大排気量エンジンもあった

ドラッグやストックカーレースでの勝利がメーカーの販売台数に大きく影響したアメリカ車の象徴と言えば、何と言っても1960年代半ばから1970年代初めに掛けてのハイパフォーマンスモデル。後にその力強さを評して「マッスルカー」...

続きを読む...

「自ら運転する」福祉車両はユーザーの状態に合わせたほぼワンオフ仕様

多種多様な福祉車両だが大きく分けると障がい者が運転するか乗せてもらうかの2種類最近、よく耳にするクルマの種類が福祉車両。新型車が登場すると、そのクルマのバリエーションのひとつに福祉車両がラインアップされていることも多い。…

続きを読む...

9月22日、スパルコ&サベルトのショールームが埼玉県に新規オープン

レースウェア&ヘルメットで迷っているならココへ!オトクなオープニングイベント開催『スパルコ(SPARCO)』社と『サベルト(Sabelt)』社のオフィシャルインポーターである「エンパイヤ自動車」は、埼玉県さいたま市にショ...

続きを読む...

BMW 2シリーズにスポーティを提案するシンプル系スタイリングキット

BMWコンパクトモデルをターゲットにしたニューブランド「STATUS」を市場参入!2018年1月に千葉県で開催された東京オートサロンでデビューした「(STATUS)ステータス」は、メイド・イン・ジャパンの高品質も魅力のエ...

続きを読む...

電飾を輝かせたアートトラックが鈴鹿サーキットを走行!【ビデオ】

映画「トラック野郎」で菅原文太が乗ったホンモノの”一番星号”がサーキットを走行8月25〜26日に鈴鹿サーキットで開催されたライブイベント「泡フェス」がアートトラックとコラボレーションした「泡トラ」を開催。DJ...

続きを読む...

【R’s Meeting 2018】日本人好みのドラポジに合わせ開発したレカロ「RMS」シートを体感せよ!

日本人好みのシートポジションを日本で開発スパルタンな見た目からは想像できない快適性9月9日(日)、静岡県・富士スピードウェイで開催される「R’s Meeting 2018」。世界最大のGT-R祭りとして毎年恒例のイベント...

続きを読む...

面発光のLEDチューブに極細仕様が登場!カスタマイズの幅が広がる!!

厚み7mmでスキ間への装着も可能にLEDメイクの可能性がさらに広がる!クルマへのアレンジに最適な「ジュナック」のLEDシリーズに極細仕様タイプの『リザード・タイプGY7』が追加された。チューブ本体の厚みは、面発光タイプで...

続きを読む...

究極のレプリカ!アメリカの元「パトカー」を本物仕様に甦らせる

アメリカではメーカー純正ポリス仕様を設定退役パトカーは一般市場に払い下げられるアメリカ車の趣味カテゴリーの中には、「ポリスカー(パトロールカー)」や「ファイアートラック(消防車)」といった、いわゆるエマージェンシー・ビ…

続きを読む...

アメ車好きは必見!マッスルからエレガントまで良き時代のクルマがお台場に集結!

アメリカのカルチャーを体感できるスーパーアメリカンフェスティバルアメリカンカスタムカルチャーの祭典「アメフェス」こと「スーパーアメリカンフェスティバル」が、例年会場としていた富士スピードウェイを離れて、今年は東京都内お…

続きを読む...

1 / 7123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング

  1. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  2. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  3. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・前編」

    さらに色気がパワーアップした 夏コスな彼女たちに大接近!! SUPE...

  4. 極細「ごんた屋」&スケスケ「AIWA」 両巨頭ブースのキャンギャル夢の競演!【東京オートサロン2017】

    スケスケと超露出で話題の エロコス2ブースが集結! カスタムカーの祭...

  5. 見逃し注意!セクシーコスチューム「キャンギャル」大特集

    透けているだけでも十分! V字にカットされた胸元が眩しい 東京オート...

  6. 無法キャンパー増加で「車中泊ができなくなる!?」

    車中泊で守らなければいけない 7つのマナーとモラルを知る 大変です。...

  7. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  8. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・後編」

    まもなく見納め? 全14人の夏コス大公開! SUPER GTを彩るレー...

  9. 「スバル360誕生 60周年」アメリカの地を激走した”サブロク”の中身をチェック

    あのグレートレースを走破した 60年前誕生のサブロクに乗ってみた♪ ...

  10. スーパーカーニバル2018に集まったカスタムハイエース&キャラバン【画像ギャラリー】

    派手にフルバンパーorシンプルに。 ハーフスポイラー人気は二分か? ...