2018年9月」の記事一覧

「流れるLEDシリーズ」にハイエース用のヘッドランプ&ハイマウントストップランプ

ダズフェローズ発!! 近未来的デザインで映えるシーケンシャルLED「ダズフェローズ」から、トヨタ・200系ハイエース用の新作2アイテムがリリースされる。ひとつは製作途中で初公開となる『PREMIUM LED HIGH-M...

続きを読む...

クレンツェを履かせたクルマがリッチに見えるのはなぜ?

ウェッズの最高峰に与えられたさらに深化する設定色へのコダワリ「クレンツェ(Kranze)」といえば、ウェッズのなかで最高峰に位置付けられるブランドである。目の肥えたドレスアップ・カスタマーを虜にする圧倒的なオーラは、長年...

続きを読む...

サーキット走行における「FFとFRという駆動方式の違いとは?」

駆動方式によって変わる楽しさは互角。ともに十分な戦闘力を発揮できるモータースポーツの世界で速さを追求するとなれば、F1を代表するフォーミュラカーのようにリア(後輪)駆動が理想とされている。けれども、世界的に見てもレーシン.…

続きを読む...

「キャンピングカー? いいえ、防災シェルター、たまに防妻シェルターです」

災害時にも役立つキャンピングカーは日常の避難場所としても役立つのです「キャンピングカー?ああ、キャンプするクルマのことね・・」。名前に“キャンピング”って付いているので、誰もがキャンプ車だと思ってしまいますが、実は「防災.…

続きを読む...

1 / 12123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  4. 中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿

    クラッシックカーを身近に、快適に楽しむべく 一石を投じた「ロッキーオー...

  5. 46万kmスカイラインGT-R「特殊ヒューズ」で電通快適化【BNR32不定期連載8】

    高性能なヒューズに換装するだけで コンピュータの信号レスポンスがアップ...

  6. トヨタが新型ハイエースを発表!次期モデル300系として国内投入に期待!

    大幅に大型化したセミボンネットボディを採用  トヨタは、2月18日に、...

  7. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. ハイスペック故にリッター10km以下! 乗って楽しい「悪燃費な国産車」5選

    乗ると踏みたくなる名機の持ち主たち  ここのところハイブリッド車が一般...

  10. 懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ

    往年の名作が復活ラッシュ!! いまのクルマに履くべき"古き良き"5本 ...