2018年9月」の記事一覧 - 10ページ目

「スカイラインGT-R NISMO」勝利のために生まれた特別モデルを振り返る

その後にN1ベース仕様も登場したグループA参戦のための500台限定車日産・R32型スカイラインGT-Rには貴重な限定車が存在した。それはR32型スカイラインGT-Rの前期型が現役だった1990年2月22日に発表された、グ...

続きを読む...

純正HIDからLEDへ「手軽な交換を可能としたヘッドライト専用バルブ」

弱点だった明るさを確保した省電力で高寿命なLEDバルブHIDは、高電圧が必要でヘッドライトの点灯・消灯を繰り返すのが苦手。LEDと比べて、寿命・消費電力・消灯時の立ち上がりの速さ(明るくなるまでの時間)が劣るとも言われ、...

続きを読む...

マツダ以外にもあった「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(海外編)」

苦労はしたがそれぞれに魅力的だった、海外のロータリー・エンジン搭載車ロータリー・エンジンといえば、その前身である東洋工業時代から開発を続けてきた「マツダ」が“育ての親”というのが通り相場だが、“生みの親”は基本技術を考案...

続きを読む...

セレブを魅了するメルセデス・ベンツGクラス最新モードがカリフォルニアから上陸

注目のトレンドセッターのマッドスターで刺激度満点!人気再燃をみせるメルセデス・ベンツ Gクラス。新型にモデルチェンジしてもなお従来型”W463″のカスタム熱が収まる気配はない。アメリカンスタイルを...

続きを読む...

自動車のシートを交換すると運転感覚が変わるって本当?

疲労感の減少やドライビングの向上いいシートにはメリットが多しシート調整は立派なチューニングで、レーシングカーのセッティングも身体にあったシート作りからはじまるぐらいだ。新車ができて、微調整を繰り返し、ドライバーにピタッ…

続きを読む...

10 / 12«...91011...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...

  4. 普通免許でもOK!! 運転する楽しさと車中泊を両立するキャンピングトレーラー

    駐車スペースなどの費用は必要だが 運転する楽しさと機動性は失わない ...

  5. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  6. 「技術の日産」の礎となったレース参戦!厳選耐久レース用マシン5台【ニスモフェスティバル2018】

    レースで培ったターボ技術 サーキットは走る実験室だ 12月2日、静岡...

  7. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  8. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  9. キャンピングカー初心者に送る「購入時にチェックすべき5つのポイント」

    「何名で宿泊する? 駐車場に入るの?」 就寝時のスペースも考えて購入し...

  10. 車中泊時の「寝袋」選びは安眠と動きやすさが重要

    寝袋選びの基本は、寝袋ごとに設定される「快適睡眠温度」が使用時の気温にあ...