2018年9月」の記事一覧 - 10ページ目

「スカイラインGT-R NISMO」勝利のために生まれた特別モデルを振り返る

その後にN1ベース仕様も登場したグループA参戦のための500台限定車日産・R32型スカイラインGT-Rには貴重な限定車が存在した。それはR32型スカイラインGT-Rの前期型が現役だった1990年2月22日に発表された、グ...

続きを読む...

純正HIDからLEDへ「手軽な交換を可能としたヘッドライト専用バルブ」

弱点だった明るさを確保した省電力で高寿命なLEDバルブHIDは、高電圧が必要でヘッドライトの点灯・消灯を繰り返すのが苦手。LEDと比べて、寿命・消費電力・消灯時の立ち上がりの速さ(明るくなるまでの時間)が劣るとも言われ、...

続きを読む...

マツダ以外にもあった「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(海外編)」

苦労はしたがそれぞれに魅力的だった、海外のロータリー・エンジン搭載車ロータリー・エンジンといえば、その前身である東洋工業時代から開発を続けてきた「マツダ」が“育ての親”というのが通り相場だが、“生みの親”は基本技術を考案...

続きを読む...

セレブを魅了するメルセデス・ベンツGクラス最新モードがカリフォルニアから上陸

注目のトレンドセッターのマッドスターで刺激度満点!人気再燃をみせるメルセデス・ベンツ Gクラス。新型にモデルチェンジしてもなお従来型”W463″のカスタム熱が収まる気配はない。アメリカンスタイルを...

続きを読む...

自動車のシートを交換すると運転感覚が変わるって本当?

疲労感の減少やドライビングの向上いいシートにはメリットが多しシート調整は立派なチューニングで、レーシングカーのセッティングも身体にあったシート作りからはじまるぐらいだ。新車ができて、微調整を繰り返し、ドライバーにピタッ…

続きを読む...

10 / 12«...91011...»

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  5. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  6. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. CR-XにインテRのエンジンを搭載したモンスターマシン

    アメリカの定番チューン「エンジンスワップ」 国産車にも対応したパーツが...

  9. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  10. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...