2019年3月」の記事一覧

トヨタ・ハイエース用「新作LEDテールランプ」2タイプがダズフェローズから発売!!

ファイバーラインとブロックデザインの2種類 トヨタ・ハイエースのリアビューをリフレッシュさせるのに効果的なテールランプがまたまた新発売。手掛けたのはLEDパーツを数多く扱っている、実績のあるハイブランド『ダズフェローズ』...

続きを読む...

セリカLBターボやスカイラインGT! 昭和を代表する名レーシングカー6選

今なおファンに語り継がれるモデル 日本最初の自動車レースは、1914年(大正3年)に東京の目黒競馬場で行われたとされる。その後、1936年に神奈川県に「多摩川スピードウェイ」が完成し、日本初の本格的なパーマネントサーキッ...

続きを読む...

ホンダ純正アイテムの新提案!愛犬とのアウトドアと車中泊を楽しみ方

ホンダアクセスがアウトドアイベントに出展 ホンダアクセスは、2019年4月6日(土)〜7日(日)の2日間、代々木公園で開催される「アウトドアデイジャパン東京2019」に出展。ホンダ純正アクセサリーを使ってアウトドアの楽し...

続きを読む...

キャンピングカーはどちらがオトク?ガソリン車とディーゼル車で選ぶ基準とは

主力車はガソリン車とディーゼル車が選べる キャンピングカーを購入する際にはベース車両がバンタイプかトラックタイプかという「バンコンか、キャブコンか」や「トイレはいるか、いらないか」など、選択を迫られるシーンがいくつも出…

続きを読む...

ミニカーとして遊べる! ランボルギーニ・ウラカン型ランチボックス

タイヤが動くから食後はミニカーとして遊べる ランボルギーニ・ウラカンをモチーフにした、車型の弁当箱が新登場。細部までディテールにこだわり、なおかつ走りも楽しめるかつてないランチボックスは、男子に限らずクルマ好きの五感を…

続きを読む...

美的センスを注入した鍛造ホイールブランド 「F ZERO」が衝撃デビュー

削り出し製法で高性能がより身近に 最新の技術力と高いデザイン性で多くの作品を生み出してきたホイールメーカー「Weds(ウェッズ)」。カスタマイズ&チューニングの各種シーンを網羅する幅広いシリーズ展開も魅力なのだが、同社は...

続きを読む...

愛犬を万一の事故から守る!ワンちゃん用「 ドライブグッズ」3選

ペットとのクルマ移動で必携したいアイテム 東京ビッグサイトで開催されている「インターペット〜人とペットの豊かな暮らしフェア」は、グッズからヘルケア、獣医療系まで、さまざまなペット関連の展示会だ。なかでも自動車での移動に…

続きを読む...

1 / 21123...1020...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

    自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

  4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

    小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

  5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

    「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  8. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  10. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...