2019年5月」の記事一覧

毒キノコにカタツムリ! 昭和のクルマ好きが使った旧車パーツの愛称5つ

見た目からイメージして呼んでいた 自動車部品の名前は正式名の他に、見た目のイメージからユニークな呼び名がいくつかある。それらの中から、昔からクルママニアが使ってきたフレーズを5つピックアップしてみよう。・タコ足 タコ足と…

続きを読む...

    運転中の事故から身を守る!近づくと危ないクルマの行動パターン12選

    危ないクルマに近づかない回避術「君子危うきに近寄らず」とはよく言ったもので、街を走っていると「これは近づかない方がいいな」というクルマをときどき見かける。昨今は、さまざまな交通事故のニュースが報道されているが、そうした…

    続きを読む...

    女性ドライバー限定のアウディ運転講習プログラム「Audi driving experience」

    限定15組30名の少人数制でスキルアップ「アウディ ジャパン」は、アウディオーナーに向けて、より安全に楽しく運転するためのドライビングスキルを提供する運転講習プログラム『Audi driving experience』を...

    続きを読む...

    燃費や乗り心地が悪化! ホイールのインチアップで生じるデメリット解消術

    バランスを崩さない商品選びが必要 ドレスアップの第一歩といえばホイールのインチアップ。大きなホイールと扁平率の低いタイヤとの組み合わせは、愛車をカッコいいルックスへと導くのだが、メリットだけじゃないのも事実だ。乗り心地…

    続きを読む...

    プジョーがSUV界に放った3008と5008 新型1.6Lエンジン+8速ATを搭載

    評価の高い総合力は増強され広がる プジョーブランドを牽引するモデルであり、日本市場でも人気を博すシティSUVの3008と5008が、改良型のガソリンエンジンと電子制御8速ATを搭載してアップデートを図った。いずれもパワー...

    続きを読む...

    アウディからシビックまで! TCRで戦う世界最速のFF車レースマシンを知る

    「TCRジャパンシリーズ」開幕 TCRとはツーリングカーレースに定められた規格で、かつてのWTCC(世界ツーリングカー選手権)に使用されていた車両(TCN-1)より安価に設定されたTCN-2規定の車両。Cセグメントの市販...

    続きを読む...

    1 / 18123...10...»

    ウィークリーランキング

    1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

      中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

    2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

      40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

    3. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

      実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

    4. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

      夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

    5. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

      悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

    6. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

      トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

    7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

      中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

    8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

      70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

    9. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

      ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

    10. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

      自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...