サーキット走行でMT車よりもAT車の方が速いといわれるワケ (1/2ページ)

サーキット走行でMT車よりもAT車の方が速いといわれるワケ

サーキット走行でのメリット&デメリット

 いまやレーシングカーであっても2ペダルであることは多数派、左足ブレーキは当たり前のテクニックとなっています。つまり、クラッチ操作は不要な時代。それでもシフトチェンジ自体はパドルやレバーでマニュアル操作していますが、完全オートマチックにすることが理想的ともいわれています。はたしてATのほうが速く走れるという理由はどこにあるのでしょう。MT車よりもAT車の方が速い

シフトミスをなくし、理想的なギアを選択する

 レーシングカーの2ペダルと、市販車の2ペダル(AT車)は似て非なるものに見えますが、根本的な部分での狙いは同じ。それはドライバーの負担を軽減することでミスを減らすということ。たとえば2ペダルのパドルシフトであれば、クラッチペダルやシフトレバーの操作をなくすことにより両手でステアリングを握り続けることができます。MT車よりもAT車の方が速い

 ブレーキング時のシフトダウンでも機械がエンジン回転を合わせてくれるのでヒール・アンド・トゥも不要。つまり、人間の持つリソースを有効に活用して、ドライビングへの集中度を高めることができるわけです。こうしたメリットは市販車であっても同様なのです。MT車よりもAT車の方が速い

 さらにいえば、パドルを多めにクリックしてしまっても、必要以上にシフトダウンしない制御もあるので、シフトミスによるオーバーレブも皆無で、逆にシフトアップのミスによる失速もありません。Dレンジで変速を任せてもスポーツモードを選べばサーキット走行をカバーするプログラムを組んだクルマも存在します。MT車よりもAT車の方が速い

 機械的にさまざまな2ペダルトランスミッションがありますが、CVTにしろ、ステップATにしろ、DCTにせよ、いずれもMTよりシフトチェンジの時間は短く、変速ロスは最小限。0-100km/h加速などのデータを見ても、いまやMTよりもATの方が速いは当たり前になっています。速さだけでいえばATのほうが有利なのは事実です。MT車よりもAT車の方が速い

画像ギャラリー