トヨタが東京オリンピック・パラリンピックに投入するモビリティ変革のロボットたち

noteで書く
トヨタが東京オリンピック・パラリンピックに投入するモビリティ変革のロボットたち

メダリストと握手する感触を遠隔地のファンに

 トヨタ自動車は7月22日、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、マスコットロボットなど開発中の4タイプのロボットを発表した。競技会場にいるロボットを通して仮想的な「移動」を提供するほか、会場の雰囲気をその場にいるロボットが感知している体験や選手との交流を活用し、遠隔地にいる人たちにリアルタイムに伝え大会を盛り上げていくという。

トヨタが東京オリンピック・パラリンピックを補助するロボットたち

 公開したロボットは、マスコットロボット「ミライトワ」「ソメイティ」に加え、大会をサポートするヒューマノイドロボット「T-HR3」、遠隔地間コミュニケーションサポートロボット「T-TR1」、フィールド競技サポートロボット「FSR:Field Support Robot」の4タイプだ。

 マスコットロボット「ミライトワ」「ソメイティ」は、東京2020組織委員会とトヨタで開発したもので、目となる部分には液晶ディスプレイを組み込み、頭部に搭載したカメラで人を認識すると目の表情から様々な感情を表現。身長は70cmほどで全身には20の関節を備えて柔軟な動作制御に対応する。

トヨタが東京オリンピック・パラリンピックを補助するロボットたち

 活用方法としては、競技施設などで選手や観客を歓迎行事で活用するほか、後述のT-HR3のようにロボットが腕の動作や手に加わった力を感じ取れる機能を搭載。遠隔地でも大会の盛り上がりをそのまま体感できることを目指す。

トヨタが東京オリンピック・パラリンピックを補助するロボットたち

「T-HR3」は、2017年に他のロボットとの間で腕の動作や握力の感覚などを相互に共有することができるヒューマノイドロボットして公開済み。離れた場所にいる操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、操縦者と同じ動きをT-HR3にさせることができる。

トヨタが東京オリンピック・パラリンピックを補助するロボットたち

 東京オリパラではアスリートがT-HR3と握手すると、遠く離れたマスコットロボットに握手する動作や握力を伝えてくる仕組みを採用。これが遠隔地にいても目の前で交流しているかのような臨場感ある体験をもたらす。

トヨタが東京オリンピック・パラリンピックを補助するロボットたち

 そして、仮想現実の技術を使って克服することを目的に開発されたのが、遠隔地間コミュニケーションサポートロボット「T-TR1」。縦長のディスプレイと360度撮影できるカメラを装備し、ベース部に組み込まれた駆動部によって自在に動き回ることができる。 トヨタが東京オリンピック・パラリンピックを補助するロボットたち 360度カメラで写した映像は遠隔地で視聴でき、それを通してロボットがいる場所と同じ景色や音を体感することが可能。また、その際の映像を360度VRで視聴すればその場にいるような没入感で味わえる。

 一方、T-TR1のディスプレイには遠隔地にいる人がほぼ等身大で映し出されるため、競技会場などとリアルタイムでコミュニケーションが図れるという。

トヨタが東京オリンピック・パラリンピックを補助するロボットたち

 最後のフィールド競技サポートロボット「FSR:Field Support Robot」は、主にハンマー投げや槍投げなど投てき競技で回収時間の短縮と運営スタッフの労力低減を目的に開発。車両は運営スタッフに自動追従し、障害物に対しても自動的に回避して走行できる。

トヨタが東京オリンピック・パラリンピックを補助するロボットたち 最大積載量はハンマー2個分に相当する16kg。これを積載して最高時速20kmで走れる。車両は事前に会場を走ることで周囲を高精度マップで記録。このマップとカメラなどのセンサーとAIによってを指定場所まで自律走行することを可能としている。まずは10月の茨城国体で試行の使用が予定されているという。

 トヨタは東京オリンピック・パラリンピックのワールドパートナーとして、東京大会では競技会場を中心に車両供給を行う他、様々なモビリティ手段の提供を予定している。ロボットもそのひとつの手段として大きな役割を担っていくことだろう。

noteで書く

画像ギャラリー