2021年4月から厳格化! クルマのナンバープレート位置を動かすと違反に繋がる (1/2ページ)

2021年4月から厳格化! クルマのナンバープレート位置を動かすと違反に繋がる

移設や取り付け角度が厳しくなる

 2016年2月に国土交通省が発表した自動車・バイクのナンバープレートに関する規定(道路交通法)。同年4月より「車のナンバープレートは見やすく表示」と称し、ナンバープレートカバーが禁止された。しかも、2021年4月以降に登録されるクルマは装着角度なども守らなければならないのだが、いわゆる「見やすく表示」とはどのようなことだろうか。

【関連記事】話題のレクサス「IS500 F SPORT」が1/43スケールのモデルカーに! 高性能セダンを手元に置いてみては?

ナンバープレートの装着規定が厳格化画像はこちら

 ナンバープレートの取り付けについてだが、原則「クルマの車検証に記載されている登録番号の”識別”に支障が出ないこと」となっている。2016年の発表以前から社会問題になったナンバープレートカバーを被せること、同様の効果を目的にしたシール、シート類のナンバープレートへの施工も禁止された。ナンバープレートの装着規定が厳格化画像はこちら

 

文字が隠れる「フレーム枠の装着」「折り返し」や「縦位置に装着」もNG

 同時にナンバープレートの文字が一部でも隠れてしまう”フレーム枠の装着”や、自動二輪で稀に見る”折り返し”、”縦位置に装着”といった向きを変える取り付けも禁止されている。また、文字の色が落ちていて読み取りにくくなっているのも違反。つまり、ナンバープレートの文字を読み取りにくくする行為や状態でいることは違反となる可能性があるワケだ。悪質なものでは懲役刑に処されることもあるという。

【関連記事】話題のレクサス「IS500 F SPORT」が1/43スケールのモデルカーに! 高性能セダンを手元に置いてみては?

ナンバープレートの装着規定が厳格化画像はこちら