2019年8月」の記事一覧 - 2ページ目

日産最強のDNAを継ぐ市販車、NISMOロードカーが存在する意義

“スポーツ=硬さではない”という奥深さを体感する レーシングカーは、硬いサスペンションを備え、サーキットを走る。そのような印象を抱く人が多いだろうが、間違いでもなく正しくもない。一般の乗用車に比べ...

続きを読む...

    車内の悪臭が気になる! クルマのイヤな匂いを消す方法

    自分では気づきにくい匂いの元を考える 残暑きびしい中、まだまだ、暑い日々が続きます。そう、汗のシーズン。自分では気づかないうちにカラダが汗臭くなってしまっていることはないですか。そんな匂いの元は愛車の車内だって同じこと…

    続きを読む...

    最高スペックを誇る、V6エンジン搭載のアウディRS 5スポーツバック登場

    RSの称号にふさわしいハイパフォーマンス アウディ ジャパンは、A5スポーツバックをベースとした初のRSモデル「RS5 スポーツバック」を発売。R8やRS6といった、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるアウ...

    続きを読む...

    RB26DETT&1JZ-GTE……、消えゆく日本が誇る名機「トヨタ&ニッサン直列6気筒ストーリー」

    直6エンジンは80年代に完成形が出来ていた トヨタGRスープラに直列6気筒エンジンが搭載され、注目を浴びています。AMWでは『乗用車用国産直6エンジンの歴史を振り返る』として、日産、プリンス、三菱、そしてトヨタと、国内の...

    続きを読む...

    【訃報】フォルクスワーゲングループのCEO、フェルディナンド・ピエヒ氏が逝去

    ポルシェやアウディでもレジェンドを打ち立てているフェルディナント・ピエヒさん スポーツカーメーカー、ポルシェの生みの親であり、VWビートルの開発者としても知られるフェルディナント・ポルシェ博士の孫で、ポルシェで技術者とし.…

    続きを読む...

    冠水路に侵入したらクルマはどうなる? 水没車のリスクから愛車を守る方法とは

    水の影響がありそうな場所を避けるのが鉄則 大雨になるような台風に限らず、突然の局地的豪雨で道が冠水したニュースを聞くことの多い昨今。気をつけないと愛車とともに浸水してしまうことになりかねません。もし、クルマが水に浸かっ…

    続きを読む...

    FF車はレースに不向き? 全米最高峰レース「INDY500」で前輪駆動が勝利していた事実 

    インディレースのエンジニア・ゴッドファーザーか モータースポーツといえばF1が最高峰と言われていますが、古くから世界3大レースと言われてきたものがあります。モナコ公国の公道を舞台にしたF1のモナコGP、耐久レースとして誰...

    続きを読む...

    2 / 21123...1020...»