高齢者や障がい者に優しい軽自動車、最新モデルで見る工夫を込めた設備【国際福祉機器展】 (1/2ページ)

高齢者や障がい者に優しい軽自動車、最新モデルで見る工夫を込めた設備【国際福祉機器展】

普及の進む軽自動車の福祉車両

 100歳の時代といわれるように、人の寿命が延びている。また、障がい者の就労を促す動きもある。そうしたなか、生活や仕事をするうえで移動の重要性が注目され、福祉車両の充実がはかられるようになった。「国際福祉機器展(9月25日〜9月27日・東京ビッグサイト)」では、低価格で手に入りやすい軽自動車の福祉車両が多くみられた。

【関連記事】「B」は「バック」じゃない! 誤発進しないためにも知っておきたいシフトのポジション名の意味を全部教えます

最新の軽自動車ベース福祉車両は回転シートから車椅子の昇降まで装備が充実画像はこちら

回転シートで乗降の負担を軽減する

 中心となるのは、ハイトワゴンや、ハイルーフのワンボックスなどの軽自動車。

 歳を重ねるごとに、日常的には元気に生活をしている高齢者でも、クルマへの乗り降りでは体が曲げにくかったり、足に力を入れにくかったりし、苦労することが多い。そうした場合に手助けとなるのが、助手席の回転シート。手動で回転するという簡便な方式から、自動で回転し、座席位置も少し下がって道路に降り立つのを助ける電動仕様もある。

最新の軽自動車ベース福祉車両は回転シートから車椅子の昇降まで装備が充実画像はこちら

 たとえば、スズキ・ワゴンRやワゴンRスティングレーの昇降シート車や、ダイハツ・ムーヴのフロントシートリフト車、ホンダN-WGNの助手席回転シート車がそれにあたる。

最新の軽自動車ベース福祉車両は回転シートから車椅子の昇降まで装備が充実画像はこちら

 これらは福祉車両に位置付けられるけれども、一般的な標準車に近い存在であり、助手席の回転機能を必ずしも使う必要もないため、日常的に使える福祉車両でもある。

最新の軽自動車ベース福祉車両は回転シートから車椅子の昇降まで装備が充実画像はこちら