2019年12月」の記事一覧

ミシュラン 雨天に強いエコタイヤ「エナジー セイバー4」を発表! 快適性とウェット性能を向上

日本のユーザー満足度1位を目指して国内開発 日本ミシュランタイヤは、「エナジーシリーズ」の新製品としてウェットブレーキング性能と快適性を向上させた低燃費タイヤ「ENERGY SAVER4(エナジー セイバー フォー)」を...

続きを読む...

SCOOP!! 「ウェッズ」2020年モデルのホイール公開! 最新モード全開な全13モデルをお見せします

デザインやカラーはさらなる進化を遂げる 数々のカスタマイズシーンを牽引してきた「ウェッズ」といえば、ジャンルやスタイルの異なる豊富なブランドを展開してきた日本が誇るアルミホイールメーカーだ。カスタムの世界で支持を得る「…

続きを読む...

WRCラリー参戦マシンは競技用車両なのに、ナンバープレートが付いている理由

一般公道を走る区間があるということ 世界最高峰のWRC(FIA世界ラリー選手権)をはじめ、ラリー競技に参戦するマシンにはナンバープレートが装着されているが、競技車両なのに、なぜナンバーが必要なのだろうか。 簡単に言えば、...

続きを読む...

S-FJレースの日本頂上決戦!? 日本各地から強者レーサーが集結【鈴鹿クラブマンレース最終戦】

鈴鹿で1年のS-FJレースを締めくくる! モータースポーツシーズンも終盤となった12月7日(土)~8日(日)、三重県・鈴鹿サーキットで「鈴鹿クラブマンレース最終戦」が開催された。このレースは、日本各地で活躍したSUPER...

続きを読む...

自動車メーカーが初受賞した車種は? 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の歴史を振り返る

受賞1号車はマツダ・ファミリア 今年で40回目を迎えた「日本カー・オブ・ザ・イヤー」。2019-2020 COTY大賞は『トヨタRAV4』が獲得したが、40年も行なわれていると、さまざまなクルマが登場し受賞されていること...

続きを読む...

踏み間違い事故の低減なるか? 政府が「安全運転サポート車」限定の高齢ドライバー免許を検討中

衝突被害軽減ブレーキなどを搭載したクルマ限定へ 近年、大きな社会問題になっている高齢ドライバーの運転操作ミスによる重大事故。そういった背景の中、政府主導による未来投資会議(議長・安倍晋三首相)では高齢者ドライバーに向け…

続きを読む...

ドライブ目的のトップは気分転換、男性と女性が「ドライブで乗りたいクルマは?」

パーク24「ドライブ」に関するアンケート パーク24は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に「ドライブ」に関するアンケートを実施。その結果を見ると、興味のもてる内容が見えてきました。 若い世代のク...

続きを読む...

松田次生選手「日産 GT-R NISMO」で渾身のスーパーラップ! 前人未到の筑波サーキット59秒361を記録

量産車最速のコースレコード樹立 令和元年12月5日、「GT-Rマガジン」が主催する筑波サーキット・コース2000(以下、筑波)の『タイムアタック企画』で、モータージャーナリストの五味康隆さんがドライブする2020年モデル...

続きを読む...

1 / 8123...»