2019年12月」の記事一覧

FCAヘリテージHUBで出会った! カルロ・アバルトが所有した「2400クーペ・アレマーノ」に試乗

FCAヘリテージHUBのアバルト2台に乗った アバルト・ディズの取材や、695セッタンタ・アニヴェルサーリオに試乗したりするために伊ミラノに出向く数日前、僕はトリノのミラノフィオーリにある「ヘリテイジHUB」にお邪魔して...

続きを読む...

高齢ドライバーに薦めたい! 150万円以下で安全装備付きのクルマ3選

ADAS(先進運転支援システム)の充実したクルマ 高齢ドライバーのケアレスミスによる、重大な結果を招く交通事故の報道を目にする機会は少なくない。人身事故を起こしてしまうのは、たしかに一部かもしれないが、年老いた親が離れて...

続きを読む...

世界に存在しない「左ハンドルの国産車」 香川県の町工場が作った”超自己満足”な改造車とは

世界に一台を実現するワンオフカスタム 大阪モーターショーに展示された、ドレスアップ仕様のトヨタ・ハイエース。しかし、よく見てみるとハンドル位置が逆(左)になっているではないか。ハイエースや軽自動車を左ハンドル化する香川…

続きを読む...

2020年、トヨタが2人乗りモデル販売! 法改正が進む中「超小型EV」が“それでも”普及しないワケ

高齢者や地方の足として「超小型EV」に必要なものは? トヨタが2020年の販売を発表した2人乗りモデルをはじめ、「超小型EV」が注目を浴びている。国土交通省が、2020年に法律改正を行ない、これらを新たな車両区分の中に組...

続きを読む...

コンパクトサイズの「福祉車両」 家族の送迎にも使えるパーソナルユースな5台

軽自動車から5ナンバー車、スポーツカーまで 福祉車両と言っても、福祉施設や作業所などの送迎で使われているマイクロバスや、デイサービスの送迎に使われているワンボックスカーなど、そのタイプはさまざま。しかし、家族に高齢者や障…

続きを読む...

90年代に熱視線を送るアフターパーツ業界、ネオクラシック国産車のカスタムにブーム再燃か

いい味が出てきた「バルブ世代」のクルマたち 現在、旧車と呼ばれる70年代の国産車が人気となっている。なかでもハコスカやケンメリといった日産スカイライン、フェアレディZ(S30)といった旧車は、中古車市場では大高騰しており...

続きを読む...

「福祉車両」の装備は介護以外でも実は便利!中古車を選ぶときのポイントとは

装備の故障の有無と走行距離は要チェック 福祉車両の中古車を購入するかどうかで迷っている人は意外と多くいます。迷いの理由のひとつは、福祉車両として使う必要がなくなったらどうしたらいいか? そこで、福祉車両は介護以外の日常…

続きを読む...

1 / 21123...1020...»