「ラリーの日産」と言われたほど勢いがあった! 1970年〜1990年代に活躍した名ラリーカー5選 (1/2ページ)

「ラリーの日産」と言われたほど勢いがあった! 1970年〜1990年代に活躍した名ラリーカー5選

世界にアピールするにはラリーでの活躍が効果的

 近年、日産のモータースポーツと言えば、SUPER GTやFORMULA Eなどサーキット・レースの印象が強いのですが、かつてはWRCを始めとするラリーでの活躍も目立っていました。

 アフリカのハードな悪路で名高いサファリやフランスの厳かな歴史漂うラリーであるモンテカルロ、あるいはモータースポーツの伝統を育んできたイギリスのRAC(現在のウェールズ・ラリーGB)といった名だたるイベントでも優勝したり、トップを争ったりして“技術の日産”を世界にアピールしてきたのです。

 今回はそんなラリーで活躍した日産の忘れられない名車5台を紹介しましょう。

 

1970年 ダットサン・ブルーバードがサファリ優勝

 日産が初めて海外ラリーに挑戦したのは1958年。ダットサン210によるオーストラリア一周モービルガス・トライアルがその舞台でした。当初は、車両確認テスト&外国車の実勢調査を目的とした参戦でしたがクラス優勝を果たし、そこからラリー活動が本格的に進められることになりました。

 ダットサン210、310ブルーバード、410ブルーバードと経て、67年には510ブルーバード(P510)が誕生します。

ニッサンといえばモータースポーツのラリーで活躍する信頼性の高い技術をもって車を生産している会社ととらえられていた昭和時代

 66年に410でクラス優勝を果たしていたサファリに、68年から510での参戦を開始。この年はリタイアに終わりましたが、翌69年にはクラス優勝とチーム優勝を飾ります。こうして迎えた70年の第18回イーストアフリカン・サファリラリーでは前年のクラス優勝&チーム優勝に加えて、悲願だった総合優勝を果たすことになりました。

ニッサンといえばモータースポーツのラリーで活躍する信頼性の高い技術をもって車を生産している会社ととらえられていた昭和時代

 サファリで三冠を勝ち取った日産のエース車は、小排気量=非力な1.6リッター直4エンジンながら、作戦面まで含めた総合性能でライバルたちを打ち破り “技術の日産”をアピールすることに成功したのです。

 前年69年の実戦で撮影したフィルムを使用して作成された、石原裕次郎主演の映画『栄光への5000キロ』のヒットも手伝い、ブルーバード=サファリラリーのイメージも醸成されることになりました。

 

1972年 ダットサン240Zがモンテカルロ・ラリーで3位

 サファリラリーで三冠を達成し“ラリーの日産”をアピールした510ブルーバードの後継として、主戦マシンとなったのはスポーツカーのダットサン240Zでした。

ニッサンといえばモータースポーツのラリーで活躍する信頼性の高い技術をもって車を生産している会社ととらえられていた昭和時代

 5座の4ドアセダンから2シーターのスポーツカーへの継承は、一見脈絡のないようにも映りますが、実は510ブルーバードのL16型1.6リッター直4エンジンと、240ZのL24型2.4リッター直6エンジンは、基本設計が共通しておりL16に2気筒を追加したのがL24、という考え方でした。

 そんな240Z(HLS30)は、71年の開幕戦モンテカルロでメジャーデビューを果たし、ポルシェやアルピーヌなどリアエンジンのライバルに伍して5位入賞を果たします。

 71年シリーズのサファリラリーではデビュー年ながら即、総合優勝を飾ります。が、スポーツカーの本領は、その後もモンテカルロラリーで発揮されてゆきます。カー・ブレーカー・ラリーとも比喩されるサファリに比べて、ヨーロッパで行われるラリーは、よりスポーツ性が高く、クルマのドライバビリティを試すには絶好の舞台です。

ニッサンといえばモータースポーツのラリーで活躍する信頼性の高い技術をもって車を生産している会社ととらえられていた昭和時代

 72年、第41回のモンテカルロラリーでは3位入賞。灼熱の大地だけでなく氷雪のワインディングでも高いパフォーマンスを発揮、オールマイティなスポーツカーとしてその名を轟かせました。

画像ギャラリー