2020年1月」の記事一覧 - 6ページ目

2020年1月の記事一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

日本から撤退した輸入車ブランド5つ、完全消滅のメーカーから再上陸予定のブランドまで

品質に敏感な市場では受け入れられず 世界で7番目の販売台数(2018年度)を誇るアメリカの自動車メーカー「フォード」が、2016年に日本市場から撤退したのは記憶に新しい。もちろんフォードだけではなく、これまで多くの輸入車...

続きを読む...

トラックやバスが「ドラム式」を採用する理由は? 時代遅れなブレーキがもたらすメリット

制動力はドラム式のほうがディスクより高い 現在のクルマのブレーキシステムを大別すると「ディスクブレーキ」と「ドラムブレーキ(リーディングトレーリング)」の2種類となる(回生、リターダー、空気抵抗等を利用したタイプもある)…

続きを読む...

幻のスーパーカーもあった「1960年代に登場した国産スポーツカー5選」

市販化はされなかった幻のクルマも いよいよ迫ってきた東京オリンピック。1964(昭和39)年にアジア初の東京オリンピックが開催され、その年の10月には東海道新幹線が開業。世の中はスピード時代に突入していく。また東京都内の...

続きを読む...

「ホットサンドメーカー」はキャンプで大活躍! 意外な食材で作るアレンジレシピ5選

クルマに手軽に積めて、料理も簡単な魔法の調理器具 好みの具材をパンで挟んで焼き上げる、手軽で美味しいホットサンド。最近、キャンプ場などでも作っている光景を見かけることが多く、アウトドアメーカーからも様々なホットサンドメ…

続きを読む...

燃料電池バス100台以上に対応! 東京ガスが国内4か所目の「水素ステーション」を豊洲に開設

国内で初めてカーボンニュートラル都市ガス使用 東京ガスが、練馬、千住、浦和に続く4か所目のステーションとなる「東京ガス豊洲水素ステーション」を東京都江東区に開設し、2020年1月16日に開所式を行った。これで国内の水素ス...

続きを読む...

マツダの名機「ロータリー・エンジン」がスポーツカーに最適な理由とは

初の量産エンジンはコスモスポーツに搭載  ドイツの技術者、フェリックス・ヴァンケル博士が考案しドイツのメーカー「NSU」と共同で開発したエンジンが「ヴァンケル・エンジン」。日本国内では「ロータリー・エンジン(RE)」と言...

続きを読む...

「トリコロールカラー」は日産レーシングカーの象徴!赤・白・青の組み合わせを辞めてしまった理由とは

2001年にコーポレートカラーが変更された 日産自動車のロゴマークというと、赤・白・青のトリコロールカラーに塗られていたことが有名だ。レーシングカーでも1980年代のグループCカー、そしてグループAのスカイライン(R30...

続きを読む...

プロが作業するには意味がある!安易にDIYすると危険なクルマいじり6つ

結果的に余計な手間や出費がかかるケースも 最近のクルマは素人であるユーザーが、ヘタに手を出せる部分が減ってきている。構造的にイジれないというだけでなく、これまでのクルマでは問題なくできていたのに、制御などの関係で手を出…

続きを読む...

6 / 23«...45678...»