「軽自動車キャンピングカー」に高級路線ブーム! 500万円超級から畳敷き仕様まで最新の軽キャンパー事情 (1/2ページ)

「軽自動車キャンピングカー」に高級路線ブーム!  500万円超級から畳敷き仕様まで最新の軽キャンパー事情

ルーフテントなど快適装備にも注目!

 依然人気が高い軽自動車ベースのキャンピングカー、いわゆる「軽キャンパー」だが、最近人気のトレンドは高級化や本格的な装備だ。ジャパンキャンピングカーショー2020(1月31日〜2月2日・幕張メッセ)に展示された数多くのキャンピングカーの中から、500万円超えの本格モデルや豪華な畳敷き仕様など、注目の軽キャンパーをピックアップする。

本格派モーターホーム仕様

 まず紹介するのは、フィールドライフが製作した「Balocco(バロッコ)」。軽トラックの「ダイハツ・ハイゼットトラック」をベースに、荷台部分にキャビンを架装したキャブコンバージョン仕様だ。
 「軽キャンピングカーで本格的モーターホームを」というコンセプトで作られたこのクルマ。ここでいう「モーターホーム」とは、アメリカなど海外の高級キャンピングカーの呼称で、まるで「走る家」のような豪華さを持つ事からそう呼ばれている。ジャパンキャンピングカーショー2020で見た「軽キャンパー」の最新事情
 外装はカーキ色を配し、ブロックパターンタイヤなどでアウトドアのイメージを強調。注目なのはシックな色調のリビングだ。ブラウン生地のソファやウッド調のテーブル、壁には木目調の壁紙が貼られ、まるでグランピングで泊まる高級ロッジのような雰囲気。ジャパンキャンピングカーショー2020で見た「軽キャンパー」の最新事情
 ウインドウにはアクリル製の二重窓が装備され防寒性や防音性なども抜群、キッチンやカセット式コンロ、冷蔵庫やテレビなども搭載することで、充実した快適性なども実現している。
 ポップアップ式のルーフテントは、大人2人の就寝スペースを確保。キャビンと合わせると合計4人の就寝が可能だ。また、破断や引張などに強く、100%UVカットのキャンバス生地は、通常の雨では浸水しない耐水圧1000mmで、高い実用性も誇っている。ジャパンキャンピングカーショー2020で見た「軽キャンパー」の最新事情
 確かに、軽キャンパーとしてはかなり豪華だが、価格もこの仕様だと500万円を優に超える。この点について、フィールドライフの担当者はこう語る。
「ハイエースなどをベースとしたキャンピングカーも購入できる価格帯的なのですが、手軽に乗れるなどの理由でこちらを選ばれる方が意外と多いですね。あと、女性の方にも人気なのも、この車両の特徴です。今回の展示車は男性向けにカーキ色にしていますが、外装色や内装の壁紙などはお客様の好みで変えられますので(オプション)、女性向けにカラーコーディネイトすることも可能です」。ジャパンキャンピングカーショー2020で見た「軽キャンパー」の最新事情
 軽自動車がベースであれば運転も楽で高齢者や女性でも気軽に乗れる、しかも海外製の高級モーターホームが持つゴージャスな雰囲気を楽しめると言う点が、このクルマが支持される大きな理由のようだ。