大切な愛車のホイール盗難から守る! 防衛性の高いロックナットを選ぶポイントとは (1/2ページ)

大切な愛車のホイール盗難から守る! 防衛性の高いロックナットを選ぶポイントとは

この記事をまとめると

  • アルミホイールの盗難はロックナットで防げる
  • 二重構造ナットもある
  • 脱着に必要なアダプターの管理も大事

さまざまなタイプが販売されている

 ロックナットには多くの種類が発売されていて、価格帯も広い。価格の幅とはすなわち「防御力の違い」と見ていいので、より確実にガードしたい場合は高価なものを選ぶのが正解だ。参考までにハイエンドのもので人気銘柄を書いておくと、アメリカ製のマックガードや協栄産業のリガードが揚げられる。ホイールのロックナットの仕組みとは

 一般的なロックナットはナット部分が特殊なカタチなので通常のソケットレンチやクロスレンチでは回せない。安価なロックナットの防衛性が低いというのは、キーアダプターが同一(もしくは種類が少ない)だったりするからだ。

 また、キーアダプターがなくても特殊なソケットレンチやプライヤー系の工具で回せたりすることもあるので、ナット形状を変えただけのロックナットはほどほどの防犯効果であるとも言える。とはいえ通常のホイールナットより回しにくいので装着の意味はある。

防犯高価の高いロックナットとは?

 では、防御力が高いロックナットはどんなものかというと、ナット表面には工具が掛かるような凹凸がなく、キーアダプターがはまる内溝が切ってあるタイプだ。このレベルのナットはキーアダプターの種類も多いので複数の製品を購入しても同一のキーアダプターが手に入ることはほぼない。その点でも防犯効果は高いと言えるものだ。ホイールのロックナットの仕組みとは

 内溝タイプのロックナットはアフターパーツのほかに各自動車メーカーが純正アクセサリーとして販売しているので、その点からも内溝タイプのロックナットのは信頼性が高いものと言えるだろう。ホイールのロックナットの仕組みとは

 なお、一部の輸入車では純正ラグボルトにロックボルトが使用されているが、整備性の都合でキーアダプターの種類は市販品より限られているとのことなので、より高い防犯性を求める人や、通常のラグナットしか使われていないクルマでは内溝タイプのロック機構が付いたラグナットを使用したい。

画像ギャラリー