2020年3月」の記事一覧 - 10ページ目

トヨタ「静電気」を使った世界初の塗装技術を開発、従来式とは異なる仕組みとは

塗着効率を従来比25%以上アップ トヨタは、車体塗装工程で従来から使用しているエアスプレー式の塗装機に代わり、静電気を活用し空気を使わない「新型塗装機(エアレス塗装機)」を開発。エアレス塗装機は、塗着効率(噴霧した塗料に.…

続きを読む...

「フェンダーのツメ折り」は事故車扱いってホント?シャコタン車の定番メニューは封印か

デメリットによるリスクをどう考えるか クルマのカスタムメニューのひとつである「フェンダーのツメ折り加工」。タイヤがフェンダーの内側に擦れて傷付くのを防ぎ、ホイールをツライチで履くためにも有効な手法だ。しかし、ツメ折り=…

続きを読む...

日産車がインターネットで注文!新車定額サービス「ClickMobi」の選べる車種と利用料を調べてみた

保険、車検、税金までコミコミ インターネットで新車を注文できる定額利用サービス「NISSAN ClickMobi(クリックモビ)」を開始した日産自動車。すでに北海道札幌地区、愛知県、岐阜県、静岡県、三重県より順次受付をス...

続きを読む...

    高速道路の追越車線「2kmまで走り続けても捕まらない」という都市伝説は本当か?

    NGの根拠は道交法の通行帯違反 高速道路を走る際、「追い越し車線を走り続ける」ことは違反行為。問題となっている「あおり運転」の原因のひとつと指摘されるようになり、気づかずに走っていた人にも禁止だったことが認知されはじめて.…

    続きを読む...

    自己満足を極めればたどり着く? クルマの『ワンオフ』パーツとは

    唯一無二が実現できるカスタムの世界 クルマをカスタムする目的は人それぞれ。性能を高めるため、カッコよさや目立つことを求めたいというケースもある。その極地ともいえるのが、世界にひとつだけのパーツを作り上げる「ワンオフ」と…

    続きを読む...

    アメリカの25年ルールで貴重な日本車が海外流出! 2020年、価格高騰が予想されるクルマ3選

    クルマの価値は文化的遺産としても跳ね上がる 原則的に右ハンドル車の輸入が禁止されているアメリカ合衆国において、生産から25年経過したクルマはクラシックカーもしくは骨董品として扱われ輸入が解禁される、通称「25年ルール」が...

    続きを読む...

    【クルマの相続】所有者が故人となった車両の使用や名義変更はどうすればいい?

    相続時には名義変更をしておく必要あり 不動産や預貯金などと同じく「クルマ」も財産のひとつ。高級車ではない一般的なクルマであっても相続財産の扱いとなり、遺産分割協議の対象となります。所有者である持ち主が亡くなった時点で、…

    続きを読む...

    10 / 22«...91011...20...»