2020年3月」の記事一覧 - 2ページ目

2020年3月の記事一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

おじさん感涙「昭和&平成の自動車デート文化」クルマ選びからドライブインシアターまで

クルマは男女の遊びで欠かせないツール「若者のクルマ離れ」という言葉は聞き飽きた感じで、もはや世代間に格差ありあり。それはそれでいいとして、じゃあ、それ以前でのクルマの扱いというか、存在ってどんな感じだったのだろうか。別…

続きを読む...

    最短2日でAT小型二輪免許が取れる!週末プランを提案する教習所が増加中

    普通免許所持者なら技能8時限+学科1時間 排気量125cc以下のAT(オートマチックトランスミッション)バイクだけ運転できるAT小型限定二輪免許を取得しやすくしようと、2018年7月11日に道路交通法施行規則が改正されて...

    続きを読む...

    国内消滅モデルも健在! 日本メーカー発「海外で人気を誇る巨大SUV5選」

    海外で人気を誇る、日本メーカー発のSUV 国産メーカーがラインナップするクルマの中には、海外でしか買えない車種が存在する。なかでも狭い日本では運転が難しそうな大きなSUVには魅力的なモデルが見られ、海外で人気が高い。日本...

    続きを読む...

    未来のF1マシンは電気自動車? 7年目を迎える「フォーミュラE」レースの実状と展望

    フォーミュラカーの「E」と「1」の違いとは 日本ではまだ開催されていない電気自動車レースのフォーミュラE選手権。今シーズンは例年のように、昨年末に開幕し10数戦をこなして7月に最終戦となるスケジュールで、初開催から6年目...

    続きを読む...

      ビジネスからレジャーまで!ホンダがバイクのレンタルサービスを開始

      2時間から2泊3日までのレンタルプランを用意 ホンダは、2019年からスタートさせた二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO(ホンダゴー)」の一環として、バイクに乗るきっかけを提供し、バイクの魅力を体感するサービス「H...

      続きを読む...

        取得年月で大きく異なる「普通免許で運転できるトラック」 大きな荷物を運ぶときは要注意

        運転するときは積載量ではなく車重をチェック 2007年(平成19年)と2017年(平成29年)の道交法改正で、それまでの「普通免許」で運転できる車両サイズが免許取得年別に大きく異なっている。簡潔にいえば「車重」や「積載量...

        続きを読む...

        昭和の人気レース「スーパーシルエット」 源流はポルシェやBMWが参戦した欧州のレース

        より多くのメーカーに参戦を促す目的で誕生 日産のターボ三兄弟(スカイライン、シルビア、ブルーバード)など、70年代の終盤から80年代序盤に、国内のレース界で高い人気を誇っていたスーパーシルエット。市販車をベースに大きく張...

        続きを読む...

        小さいのにリアルに再現! 手のひらサイズの本格ラジコンカー「ミニッツ4×4」が京商から登場

        実車に近いラダーフレームを採用 ミニカーからラジコンまで魅力的なホビーアイテムを多数ラインナップしている「京商」。同社から生誕20周年を迎えた”ミニッツ”の記念モデルとして登場した「ミニッツ4×4...

        続きを読む...

        2 / 2212345...»