2020年4月」の記事一覧

クルマの「シートリペア」って? 査定でも有利に働く、価値ありメニュー現場に潜入

認知度は低いが、費用対効果バツグンの修理 世界的にみて日本人はクルマを大切にする。街にゴミが落ちていないというキレイ好きな国民性なのか、クルマに対しても徹底的に綺麗にする傾向が強く、いつまでも美しく乗りたいという人が多…

続きを読む...

ガイシャ・アルマーニ・携帯電話が三種の神器! 憧れだった”モテ系”自動車装備を振り返る

携帯電話が羨望の眼差しを受けたバブル時代 かつて、クルマに、今では考えられないような珍装備が付いていた時代があった。今どきの婦女子には理解不能かもしれないが、1986年から1991年に至る空前のバブル期、そして2000年...

続きを読む...

セリカLBからアコードまで! 昭和に登場した名ハッチバック車を振り返る

若者向けのボディスタイルを強調 ファミリーカーといえばミニバン、実用性重視のコンパクトカーならば2ボックス、フォーマルユースなら4ドアサルーンという、自動車のボディ形式は、用途、目的に応じて最適な”カタチ&#...

続きを読む...

【動画】スーパーカーでドリフト挑戦! 2500万円のマクラーレンを改造した男の野望

エアサス仕様フェラーリからの次なる挑戦 日本が発祥のモータースポーツとして、世界中で高い人気を誇る「ドリフト」。主力といえる車種は日本車が多いものの、不利を承知しつつ「フェラーリ」や「マクラーレン」で挑む男がいる。スー…

続きを読む...

自動車メーカー各社「新型コロナウイルス感染防止対策」へ支援強化、具体的な内容は?

新型コロナウイルス世界大流行のもとでの自動車メーカー ランボルギーニがレザー職人の手によってマスクを制作したり、フェラーリが人工呼吸器用のバルブを手がけるなど、イタリアのスーパーカーメーカーまでもが対応している新型コロ…

続きを読む...

映画「007 慰めの報酬」登場マシン “アストンマーチンDBS”が1/18スケールに

開閉機構付きで机上がスタジオに変わる クルマモデルの魅力的なアイテムをラインアップするホビーメーカーの「京商」。世界の多くのミニカーブランドの輸入代理店ともなっている同社から、アメリカ合衆国にあるモデル製作の会社、AME...

続きを読む...

1 / 22123...1020...»