愛犬とのクルマでの移動にはドッグシートは必需品!汚れを防ぎ抜け毛を掃除しやすいのがポイント (1/2ページ)

愛犬とのクルマでの移動にはドッグシートは必需品!汚れを防ぎ抜け毛を掃除しやすいのがポイント

自動車メーカーの犬好きが作ったアイテム群

 愛犬家、それもクルマに乗せて移動・ドライブする機会の多い人にとって、車内に乗せた際の抜け毛、ヨダレ、泥汚れは大いに気になるはずだ。というのも、ただ汚れるだけでなく、抜け毛やヨダレ汚れを放置しておくと車内の動物臭の原因になり、また車内の細部に落ちた抜け毛は、車両の売却時、大きな減点・減額対象になるのである(大がかりなクリーンアップが必要なため)。車内が汚れないドッグシート

 車内の動物臭は、毎日のように愛犬を乗せている人にとっては、慣れで気づきにくいかもしれない。だが、レンタカーに乗ると車内の臭いが気になるのと同様に、他人が愛犬家のクルマに乗るとかなり臭いが気になるものだ。

 さて、モータージャーナリストとドッグライフプロデューサーという肩書を持つ筆者はもう数十年、愛犬と暮らし、毎日のように愛犬(現在は2頭)をクルマに乗せ、大きな公園やドッグランに出掛けたり、動物病院に通ったり、はたまた月に一度は仕事、プライベートで1~2泊の旅程で愛犬同伴専門のリゾートホテルに出掛けたりしている。当然、車内の汚れについては人一倍、気を使っているのである。車内が汚れないドッグシート

 そんな筆者の元には、国産自動車メーカー、輸入自動車メーカーのドックグッズがあり、もちろん、車内を汚さないためのアイテムも、仕事柄、揃っている。が、特に後席用のペットシートマットの類については、これまでの経験でパーフェクトなものはなかった。車内が汚れないドッグシート

 例えば、後席に置くボックス状のアイテムは、たしかに車内の抜け毛汚れを防いでくれるものの、そのアイテムそのものに抜け毛がからみやすく、掃除が大変だったりする。ハンモック状の1枚もののペットシートマットも、暑がりの犬にとって、エアコンの風が届きにくくなるデメリットがある。さらに、素材が抜け毛のからみ防止でツルツルしていて滑りやすく、犬が落ち着いて乗っていられなかったりするのだ。車内が汚れないドッグシート

 そんな中、ホンダ車オーナーのみならず、多くの愛犬家に定評あるドッグアクセサリーと言えば、ホンダ車の純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスから発売されているHonda Dogシリーズ。ペットシートマット、ペットドアライニングカバー、ペットシートサークル、ペットシートプラスわん、ペット車外飛び出し防止リード、ペットフロアクッションなど、多彩な品揃え。車内が汚れないドッグシート

 なかでも、断トツ人気なのが後席用のペットシートマット。ファスナーを閉じれば、愛犬が急ブレーキなどで後席からフロアに落ちずに済むハンモック状になり、ファスナーを開きフロアにたらせば飼い主といっしょに座ることもできる。車内が汚れないドッグシート

 さすが、ホンダアクセスの愛犬家チームが企画、開発しただけあって、前部にはエアコンの風が届きやすく、また前席の飼い主と後席に乗車した愛犬がアイコンタクトをとりやすい、肉球デザインの大きなメッシュ窓があるのが特徴。さらに左右2分割の後席背もたれ部分の片側を持ち上げることで、飼い主が抜け毛などの汚れが付着していない部分に座ることもできるのだから、よーく考えられている。

 もちろん、生地には撥水加工が施され、丸洗いも可能だから、清潔に使える。現在では、中型犬までに使える、後席の片側に装着するボックスタイプのペットシートサークルや、ペットシートマットと併用する、ドア内張りの汚れ、キズを防止するペットドアライニングカバーなども用意しているから完璧だ。車内が汚れないドッグシート

 カラーはポップなブルー×イエローと、追加設定されたシックなグレーの2色展開。ペットシートマットに関しては、軽自動車用と普通車用の2サイズがあるのもさすがである。つまり、N-BOXのような軽自動車から、オデッセイのような大型ミニバンまで対応してくれるのだ。車内が汚れないドッグシート

 国産車でここまでドッグアクセサリーが充実しているメーカーはほかにない。そもそも、ホンダドッグという愛犬家のためのウェブサイトまで展開しているのがホンダなのである。

画像ギャラリー