2020年5月」の記事一覧 - 2ページ目

「初キャンプ」の勝敗は家を出るときから始まっている! テント張り前までに行うべき行動とは

初めてのキャンプは期待と不安が入り交じるもの「キャンプグッズもそろえたし、キャンプ場も予約した。あとはキャンプ場に出かけるだけ!」というキャンプビギナーさんは、期待に胸を膨らませている半面、初めてのキャンプ場ではどうす…

続きを読む...

    名前を聞いても姿が浮かばない! クルマ好きの記憶からも消え気味の国産旧車3選【前編】

    絶版車・消えたクルマは数あれど…… 戦後になって、国産乗用車が本格的に生産を始め普及してから約65年。その間に数限りない数の車種が登場した。モータリゼーション黎明期に出現したクルマの多くは、フルモデルチェンジの際に名前を...

    続きを読む...

    「盗電」「トイレで炊飯」「駐車場でBBQ」! 車中泊ブームで衝撃のマナー違反が横行

    目を疑うようなマナー違反が続出 新型コロナウイルスの緊急事態宣言による自粛で、春がきて桜の季節になっても、新緑の爽やかな季節になっても出かけられず、大型連休のGWも悲しいGW(ガマンウィーク)になってしまいました。なかに...

    続きを読む...

    サーキットの興奮を公道まで引きずった悲劇!  道交法違反で罰金もある走行後の「戻し忘れあるある」

    うっかり違反となってしまうケースも 愛車のポテンシャルを引き出すにはサーキット走行会が一番だ。意のままにクルマをコントールできたあとは、心地よい疲労感と解放感に浸ることができる。そのまま気が緩んでしまい、サーキット仕様…

    続きを読む...

    1周走って「ブレーキが終了」もあり得る話!  サーキットをノーマル車で走る時の注意点とは

    普段使いのクルマでサーキット走行に臨むには サーキットを走るには専用のチューニングが必須? そう思い込んでいる人も少なくはないけれども、速い遅いを別にすればノーマルでも走れるのだ。しかし注意すべき点はいくつかある。それ…

    続きを読む...

    アゲ系アルトにエッセのフィアット化! やり過ぎだけど面白い最新「軽ハッチ」カスタムの世界

    リフトアップから旧車風、スポーツまであらゆるスタイルにマッチ 自動車メーカーの中でも売れ筋のジャンルである軽自動車は、ニーズの多様化もあって車種ラインアップが着々と増えている。今まではワゴンRやムーヴといったハイトワゴン…

    続きを読む...

    すべてが「ゆっくり」なのに「速く」走れる! じつは超シンプルな「本当に上手い運転」とは

    速さの中に潜むものを知ってこそ運転上手に だいぶ昔の話です。若かりし頃、速いのが偉いと思い込んでいて、ひたすら速く走ろうともがき苦しんでいた時期がありました。ところが速く(本人の気分)走るととにかく不評で、あいつは運転が.…

    続きを読む...

    2 / 17123...10...»