「シャコアゲ」の波はスポーツカーにまで! 野生化した「コペン」は4WDでトレーラー引きまでする衝撃のカスタムだった (1/2ページ)

「シャコアゲ」の波はスポーツカーにまで! 野生化した「コペン」は4WDでトレーラー引きまでする衝撃のカスタムだった

FFしか設定のないコペンをアゲ+4WDに改造するツワモノも登場

 軽自動車カスタム三種の神器といえば「インチアップ」「エアロ」「ローダウン」がこれまでの定石。なかでもシャコタン文化はその象徴として長らく築き上げられてきているし、それは今なお続いている。

 その一方でキャンプや車中泊といったアウトドアブームや、新型ジムニーのほか各自動車メーカーから続々と登場する、SUV系の新型車両の好調な売れ行きを背景として、軽自動車の車高を上げる「アゲ(リフトアップ)」の文化が、新たなムーブメントとして定着しつつある。

【関連記事】ホイールの王者は「ワンピース」? 1分でわかる「マルチピース」との違いと構造ごとの特色とは

リフトアップしたコペンの紹介画像はこちら

 そんな「アゲ」のベース車両として人気なのは、ジムニーをはじめ軽トラックや軽バン、ハスラーといったSUVテイストのクルマが多い。が、ここに来てなんと、2シータースポーツカーのダイハツコペンをアゲるオーナーまで登場。

 ここではその「アゲコペン」を製作したコペン専門店「も。ファク」の手によってリフトアップされた、XPLAYやGR-SPORTを中心にそのシーンを紹介していく。

コペンのマルチ感が「アゲ」にもマッチした!?

 レーシング、スーパーカー、スポーツ、ツーリング、ユーロ、アメリカン、スタンス、ラグジュアリー、VIP、レトロ、旧車、痛車……。どんなジャンルのカスタムメイクにもお思いのほか順応する、マルチな才能に溢れたクルマがダイハツ・コペンだ。それこそオーナーの数だけ、コペンのスタイルはあると言っても良いだろう。これほどまでに広い範囲のクルマイジりをカバーしているベース車両はほかにはないのでは? と思えるぐらいだ。

【関連記事】ホイールの王者は「ワンピース」? 1分でわかる「マルチピース」との違いと構造ごとの特色とは

リフトアップしたコペンの紹介画像はこちら

 コペン専門店“も。ファク”は「コペンオーナーのわがままをほぼ全部叶えます」のキャッチフレーズに、どんなカスタマイズの要望にも親身になって応えてきたという。外観のイメージチェンジはもちろん、日頃のメンテやトラブル対応から軽自動車の660ccエンジンながら200馬力を超えるようなハードチューニングまで、専門店ならではの切り口で、ありとあらゆるメニューを用意しているのが同店の強みだ。リフトアップしたコペンの紹介画像はこちら

 そんな“も。ファク”が、いままでにないコペンカスタムのアプローチとして新たに挑んだのがハイリフト、車高をアゲるというスタイルである。

きっかけは、雪道でもコペンで行って冬グルメを堪能

 足まわりを変更する場合、選択肢があるとしても、運動性能をアップさせるためには、むしろ車高を下げる方が王道であるコペン。なのになぜ、ハイリフトの新提案を思いついたのか? 同店代表者の森本さんに、コペンをアゲたきっかけなどをたずねてみた。リフトアップしたコペンの紹介画像はこちら

「意外かもしれませんが、コペン専門店を始める前は、個人的にジムニーに“ドはまり”している時期があって、4WDやハイリフトは知らないどころか、得意分野だったりもします。エアロパーツを装着して車高を下げているコペンオーナーさんにとっては、雪が積もる冬はオフシーズンになってしまうんですよね」。

「ボク自身が雪道でもガンガン行けて、冬グルメを堪能したいというのが第一なんですけど、XPLAYをベースに車高をアゲるためのタイヤやサスペンションをいろいろと試してみたら、『めちゃいいやん!!』という組み合わせを見つけたんです。ワンオフでも良かったのですが、再現性も高くてこれならキット化もできるし、コンプリートカーとしても販売できるな……と」。

 写真はLA4OOKコペン用ハイリフトコンバージョンKITを装着した同店のデモカー コペンXPLAYがコチラ。KITに加えてジムニー用タイヤを履いたスタイルが、もともとタフなシルエットを纏うXPLAYのカッコよさが強調され、とてもワイルドで精悍なフォルムをつくり出すことに成功。リフトアップしたコペンの紹介画像はこちら