数ある国産名車のなかでもなぜ「別格」なのか? ホンダ初代NSXが愛され続けるワケ (1/2ページ)

数ある国産名車のなかでもなぜ「別格」なのか? ホンダ初代NSXが愛され続けるワケ

ホンダが本気で作ったミッドシップスーパースポーツ

 初代ホンダNSXは1990年9月に発売され、2005年12月に生産終了するまでの約15年間、全世界で約1万8千台が生産された。つまり、最も新しいものでも15年、最も販売台数の多かった初期型では30年もの時が経過しているにも関わらず、今なお残存台数は少なくない。1990年9月から2005年12月に生産終了するまでの約15年間販売された初代NSX

 そして中古車市場では、初期型でも程度の良いMT車なら新車当時の価格に近く、またはそれ以降のモデルでは新車時を遥かに超えるプライスタグを提げる個体も数多く見受けられる。数ある国産名車のなかでもなぜ「別格」なのか? ホンダ初代NSXが愛され続けるワケ

扱いやすい絶妙なボディサイズ

 2代目NSXがデビューしてから早4年、それでも初代NSXの人気がますます過熱し続けているのはなぜなのか。10年ほど前に初期型のMT車を中古で購入し約1年所有していた筆者の実体験から推察すると、その理由は「スーパースポーツとしては望外に扱いやすく楽しいから」、これに尽きると思われる。「スーパースポーツとしては望外に扱いやすく楽しい」初代NSX まず、初代NSXはボディサイズが小さい。初期型の全長×全幅×全高は、4430×1810×1170mm、ホイールベースは2530mm。2代目のNSXが4490×1940×1215mm、ホイールベース2630mmなのに対し、60×130×45mm小さく、ホイールベースは100mm短い。ちなみに現行シビック・タイプRは4560×1875×1435mm、ホイールベース2700mmなので、初代NSXはシビックRよりもコンパクトということになる。

 この小ささが、ワインディングやミニサーキットはもちろん普段の街乗りにおいても、扱いやすさと楽しさに直結することは言うまでもない。ワインディングやミニサーキットはもちろん普段の街乗りにおいても、扱いやすさと楽しさを与えてくれる初代NSX

 なお、初期型に限って言えば、最低地上高が135mmと高く、タイヤサイズはフロント205/50ZR15&リヤ225/50ZR16と偏平率が高い。そのため、大きな凹凸や強い傾斜、高い輪止めでも、スーパースポーツとしてはさほど神経質にならずとも済むのは、街乗りでの扱いやすさにおいて大きなプラス材料だった。初代NSXの真横から見たスタイリング

 そして、サイズが大きく曲率も高いガラスを多用し、さらにインパネを低く、各ピラーを細く設計することで実現した、水平方向311.8°という極めて広大な視界は、今なおミッドシップのスーパースポーツではトップクラス。数ある国産名車のなかでもなぜ「別格」なのか? ホンダ初代NSXが愛され続けるワケ これに加え、前後フェンダーとも大きく盛り上がり車両感覚が掴みやすいボディデザイン、好みのドライビングポジションを決めやすい電動シートとチルト&テレスコピックステアリングも、扱いやすく快適な運転環境の構築に大きく貢献している。前後フェンダーとも大きく盛り上がり車両感覚が掴みやすいボディデザインの初代NSX

画像ギャラリー