100万円以内で「先進安全装備」が手に入る! 高齢者にこそ選んでほしい中古車7選 (1/2ページ)

100万円以内で「先進安全装備」が手に入る! 高齢者にこそ選んでほしい中古車7選

中古車でも安全を購入することができる!

 予算的には諸費用込みで100万円以内、だけど、2021年に新車装着が義務付けられる自動ブレーキなど、先進運転支援機能もぜひ欲しい・・・・・・そんな選択、果たして叶わぬことだろうか。いや、総額100万円以内でも、中古車なら手に入れることができるのだ。国産車はもちろん、輸入車でも。まずは中古車で、自動ブレーキなどが付く総額100万円以内で狙える国産車を紹介したい。

1)マツダ・デミオ

 その筆頭が、2014年デビューの4代目マツダ・デミオである。2016年型であれば、最廉価グレードの13Cを除く全グレードに衝突軽減ブレーキが装着されている。クルマの用途から、走行距離の少ない中古車もあり、経済性に富み、トルキーに走ってくれるクリーンディーゼルまで狙えるのだからうれしい。2014年デビューの4代目マツダ・デミオ

 しかも、現在のマツダ2と基本部分は変わらないのだから、お得である。しかも、コンパクトカーとしては例外的にセーフティパッケージとしてブラインドスポットモニター、ACC=マツダレーダークルーズコントロールまで用意されていたのだから、装着車なら、この先も安心して乗り続けることができるだろう。デミオに設定されたブラインドスポットモニター

2)スバル・レガシィ ツーリングワゴン

 スバル・レガシィ ツーリングワゴンも、2009年にフルモデルチェンジを行った5代目の2011年モデルあたりが総額100万円以下で狙える。つまり、自動ブレーキどころか、ACCまで備わる国産車の先進運転支援機能の先駆け”ぶつからないクルマ”を謡ったアイサイトver.2(2010年~)付きである。2009年にフルモデルチェンジを行った5代目スバル・レガシィ

 ただしレガシィ ツーリングワゴンのユーザーは遠乗りするケースも多く、年式が新しくも総額100万円以下のタマとなると、走行距離が伸びている可能性大。それでも整備記録があり、しっかり整備されていれば、あまり心配はいらないだろう。ぶつからないクルマとして話題になった5代目レガシィ

3)ホンダ・N-BOX

 ところで、国産車のくくりで言えば、自動ブレーキをいち早く搭載していたのが、実は軽自動車である。今、日本で一番売れているホンダN-BOXは、人気車だけに中古車も高値安定気味だが、最新モデルとそう変わらないデザインの初代、2013年型なら、十分に100万円以下で手に入るだろう。2011年に登場したホンダN-BOX

 なんと、ターボもギリギリ100万円前後のタマを探すことが可能だ。注意したいのは、今では全車にホンダセンシングが備わっているが、初代の約30km/h以下で作動するシティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)は「安心パッケージ」としてタイプ別設定だから、「安心パッケージ」付きかどうかの確認は必須である。ちなみに「安心パッケージ」付きには、前席サイドエアバッグ+サイドカーテンエアバッグシステムも含まれる。ホンダN-BOXに採用されたシティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)

4)ダイハツ・ムーヴ

 軽自動車なら、いち早く自動ブレーキを含む先進運転支援機能のスマートアシスト、略して“スマアシ”を採用したダイハツのムーヴのたった2年落ちとなる2018年式あたりもコミコミ100万円の射程範囲内。近々、フルモデルチェンジされるウワサもあるため、相場は下降気味となっている。それ以外の軽自動車でも、そもそも新車価格が安いため、自動ブレーキ付き総額100万円以下のクルマは選び放題といったところだ。6代目ダイハツ・ムーヴは軽自動車としては初の衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用した

画像ギャラリー