「罰則がなくなった」など「高齢者マーク」に変更あり! 意外と知らない貼るべき「年齢」や貼る「場所」 (1/2ページ)

「罰則がなくなった」など「高齢者マーク」に変更あり! 意外と知らない貼るべき「年齢」や貼る「場所」

新・旧2通りある「高齢者マーク」 装着車両に対する「社会的責任」とは

 高齢者保護の観点からクルマに取り付けることが推奨されている高齢者マーク。今では街中でたびたび目にするようになっているのでドライバーなら誰もが知っているだろう。

 そんな高齢者マークは、旧型は“もみじマーク”などと呼ばれる黄色とオレンジの水滴形状のマークだったが「枯れ葉」をイメージさせることから評判が悪く、2011年からは“四つ葉マーク”と呼ばれる四つ葉のクローバーに加えて、シニアを意味する“S”を込めたデザインへと変更されている。ちなみに旧マークの使用も認められているので現在では2種類の高齢者マークを街中で見ることができる。旧デザインの高齢者マーク

 これらの高齢者マークは70歳以上のドライバーがクルマを運転する際に貼り付けることを推奨される努力義務とされているマークだ。高齢者ドライバーの事故が増加傾向にあることから、高齢者の加齢に伴う運転能力の低下を周囲のクルマにわかりやすく示すために1997年の道路交通法改正で生まれた制度だ。高齢者の運転風景

 高齢者マークを貼っているクルマに対しては周囲のクルマが安全に走行する配慮をする必要がある。これは初心者マークを貼っているドライバーと同様の考え方で、ドライバー皆で高齢者ドライバーを安全に支えていこうという取り組みの一環なのだ。高齢者マークの使用方法や法的効力についての紹介

 高齢者マークを貼り付けているクルマに幅寄せや無理な割り込みをすると道路交通法違反(反則金が課せられる)となる場合もあるので憶えておいて欲しい。高齢者マークは高齢ドライバーを守るという意味から取り付けられている意味をすべてのドライバーが理解しておく必要が合うあるだろう。

高齢者が運転する自動車をあおり運転しているイメージ
※写真はイメージです

画像ギャラリー