2020年11月」の記事一覧 - 3ページ目

2020年11月の記事一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

日本にも並のスポーツカーを蹴散らす韋駄天SUVはいた! 圧倒的な戦闘力の「ワークス系」中古SUV4選

SUVらしからぬ走りを実現したモデル 未だ衰えることを知らないSUV人気。確かにハッチバックの使い勝手のよさはそのままに、高いアイポイントからにより得られる見晴らしの良さや、生活感を適度に抑えつつTPO問わず使える見た目...

続きを読む...

ハチロクは「走り屋」より前に「プロ」が注目した逸材! もっとAE86が好きになるモータースポーツの活躍とは

期待の星だった「初代ハチロク」 ある自動車雑誌が継続時に仕掛けた企画がきっかけとなってブレイクし、いまやモータースポーツの一角を担っているのがドリフトだ。後輪駆動車によるパワースライドは見ていて圧巻。盛んになるのも納得…

続きを読む...

    リア用ドライブレコーダーの取り付けを超簡単にするブラケット! ゲートからの配線取り込み不要「DR-15」の中身【ストリート】

    作業の手間を大幅に軽減 使用頻度の低い“あのパーツ”を活用! あおり運転によるトラブルがクローズアップされたことで、前方だけではなく、後方にもドライブレコーダーを装着したいというユーザーが増えている。ただ、ネックになるの...

    続きを読む...

    サーキットは一瞬のミスで「クルマ」を失い「ケガ」も負う! そんなとき「泣き」をみない「専用保険」の中身とは

    モータースポーツにおける「転ばぬ先の杖」 最近はメリット多数の保険も登場 モータースポーツにおける最大のリスク、それは説明するまでもなくクラッシュだ。状況によってはクルマだけじゃなく、ケガやサーキットの施設を破損するこ…

    続きを読む...

    幻に終わった「ロータリー軍団」との勝負! レースで闘うことさえできなかった「悲運の名車」ケンメリGT-R

    歴代スカイラインで唯一、サーキットで戦うことができなかったケンメリGT-R 1964年に鈴鹿サーキットで開催された第2回日本グランプリにおいて、ポルシェ904を相手に健闘、一時はトップに立って見せたことで、モータースポー...

    続きを読む...

    2020シーズン最終戦、HRE16号車はランキング6位確定【NASCARトラックシリーズ 第23戦】

    服部茂章代表率いるHREの16号車、第23戦は12位で完走「NASCAR(ナスカー)」といえば、アメリカでもっとも人気のある自動車レースのシリーズだが、このナスカーの世界で、唯一の日本人チームオーナーである服部茂章氏が率...

    続きを読む...

    販売台数わずか60台! 「ケンメリ」よりさらに激レアな「スカイラインスポーツ」の驚くべき中身

    ワールドプレミアはトリノショーで行われていた! 今はなき「プリンス自動車」が生み出した名車は多いが、そのなかでもスカイラインは現在にも続く、代表格だ。その連綿と続く系譜のなかで、亜流ともいえる存在がスカイラインスポーツ…

    続きを読む...

    「公道使用」OKだけど実際に使うのはヤメるべき! 一応「溝」のあるサーキット用タイヤの中身とは

    モータースポーツ用タイヤは一般道でも最強? サーキットで使っている人を見かける、溝が少なく、いかにもグリップが良さそうなモータースポーツ用のタイヤ。性能が優れているのはわかるけど、一般公道で使用するのはアリなのだろうか…

    続きを読む...

    3 / 1512345...»