合法で「雪道の全開走行」が可能! 冬期限定の「クローズドコース」5選 (1/2ページ)

合法で「雪道の全開走行」が可能! 冬期限定の「クローズドコース」5選

ウデを磨くには最高の雪上走行

 冬はモータースポーツのオフシーズン? 確かに大半のイベントはお休みだけど、冬しか走れない特別な場所もあるのだ。クルマの挙動を覚えたりコントロールの勉強、そして単純に走って楽しい雪上コースを紹介しよう。クルマの挙動を覚えたりコントロールの勉強、そして単純に走って楽しい雪上コース

1)エビスサーキット(福島県)

 まずはドリフトの聖地として有名な、福島県のエビスサーキット。雪が積もったとき限定なので事前に予定を立てにくいが、通常はレースなどさまざまなイベントが開催される西コースや東コースで雪の上を走行できる。時間帯は雪の状況によって変わり、車種はスポーツカーに限らず軽トラでも何でも可。ただし当然タイヤはスタッドレス限定だ。開催は前日にウェブサイトで発表されるので、休日が近くなったらマメにチェックしよう。

 

2)御岳スノーランド(長野県)

 続いては「本州で唯一のウィンターモータースポーツエリア」を謳う、長野県の御岳スノーランドをチェックしてみたい。冬季に閉鎖される一般道をモータースポーツ用に開放しており、地元の自治体や宿泊施設やレストランが後援しているのも面白い。コースはいくつかの区間に分けられており、今シーズンは基本的にふたつをメインとして使い、雪の状況により追加される可能性があるとのこと。営業日はウェブサイトで確認することができ、占有のほか毎週のようにフリー走行日も設けられている。

 

3)群馬サイクルスポーツセンター(群馬県)

 ほかに本州ではビデオマガジンの収録で知られる、群馬サイクルスポーツセンターも雪上走行を開催している。ここで紹介する施設の中では、首都圏からもっとも近距離に位置する施設。タイヤ交換用の屋内スペースやレストラン(ランチのみ営業)が完備されていたりと、ユーザビリティの高さも魅力だ。今シーズンの雪上フリー走行会は2021年1月9日にオープンし、基本的には土・日・祝祭日のみの営業となるが、5台以上集まれば平日でも走行可能だという。2月末まで雪上走行が楽しめる予定なので、参加希望の人はホームページで確認してほしい。

画像ギャラリー