やっぱり第2世代「GT-R」はカスタムが熱い! GT-Rだらけの巨大ミーティングで見つけた「気になる」7台 (1/4ページ)

やっぱり第2世代「GT-R」はカスタムが熱い! GT-Rだらけの巨大ミーティングで見つけた「気になる」7台

「R’s Meeting 2020」注目車両
【BNR32/BCNR33/BNR34編】

 一冊まるごとスカイラインGT-Rだけを紹介している雑誌「GT-Rマガジン」が主催する年に一度の恒例イベント「R’s Meeting」が今年も富士スピードウェイにて行なわれた。コロナ禍ということで今回はメーカー出展エリアを縮小したり、本コースを使用する催し物は見送られたが、それでも当日は全352台(!)のGT-Rオーナーがエントリー。ハコスカとケンメリの第一世代からR32〜34の第二世代、そして最新のR35と、会場には個性いっぱいのGT-Rであふれた。R's Meeting 2020_会場風景その1

 現在発売中の本誌特別号「GT-R OWNERS FILE X(定価2000円+税)」では参加車両全台を掲載しているが、ここでは当サイトが注目したR32/33/34GT-Rをピックアップして紹介しよう。R's Meeting 2020_会場風景その2

玄人好みの魅せる足元【BNR32】

 じつはこれが2台目のR32で、以前の車両は高速道路でクラッシュして廃車となってしまってとのこと。事故したタイミングも悪く、エンジンをオーバーホールして2,000kmしか走行していない状態だったとか……。幸いにもエンジン本体は無事だったため、主治医のショップに相談して、現在のボディに搭載させたという愛車である。玄人好みの魅せる足元【BNR32】_その1

 そんなYサンのR32は、ツウ好みの引き算的メイクで仕上げたエクステリアに、タービン交換、ボディ補強、アーム類を含めた足まわりと、総合的にポテンシャルアップ。お気に入りはノーマルフェンダーとの完璧なツライチを披露するガレージアクティブ別注のワーク・マイスターS1で、ブルーのボディカラーと黒系の深リムとの組み合わせが圧巻のオーラを放つ。玄人好みの魅せる足元【BNR32】_その2

□BNR32 STD(1993年式)
□走行距離:20万km

●ホイール:ワーク・マイスターS1(F/R19×10.5J)
●タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ(265/30R19)
●タービン/インタークーラー/オイルクーラー:HKS 
●マフラー:ST.MAY
●車高調:HKS
●サスペンションアーム類:クスコ、ニスモ
●ブレーキキャリパー(F):ブレンボ・フェラーリF40用
●ブレーキローター:ディクセル
●ボディ補強:Kansaiサービス・リフレッシュバー/1ロアブレースバー、ドゥーラック・リヤクロスバー
●内装:レナウン・ステアリング

画像ギャラリー