再評価された時は既に「絶版」! 新車で「買っておけばよかった」と後悔しきりの「超個性派」国産旧車5台 (1/2ページ)

noteで書く
再評価された時は既に「絶版」! 新車で「買っておけばよかった」と後悔しきりの「超個性派」国産旧車5台

今だからこそこんなクルマが欲しい

 発売当時に爆発的な人気を得たわけでもなく静かに生産終了となっていったクルマも、今にして思えば「早すぎたんだ」と思うモデルは少なくない。現在の社会情勢や交通インフラ、ライフスタイルなどを鑑みて、今こそ売り出されたら注目を集めそうな車種をピックアップしてみた。

【いすゞ・ビークロス(1997年)】

 これほどクロスオーバーSUVがムーブメントになると想像もできなかった20世紀に、いすゞがリリースしたスタイリッシュなクロカン4WD「ビークロス」は、まさに早すぎた一台として思い出すモデルの最右翼。スタイリッシュなクロカン4WD「いすゞ・ビークロス」フロント

 いまでは乗用車から撤退してしまったいすゞだが、当時はすでに乗用車はクロカン4WDのラインナップしかなかった。その中でフラッグシップといえるビッグホーンのショートホイールベース用シャシーを利用して、いかにも未来的なボディを合体させたのがビークロスの成り立ち。パワートレインはV6エンジンとトルクスプリット型4WDというのは、クロカン4WD由来ではあるが、現代的なクロスオーバーSUVとしてみても十分に通用するものだ。スタイリッシュなクロカン4WD「いすゞ・ビークロス」リア

 そのスタイリングが先進的だったのは、2020年を舞台にしたSF映画「ミッション・トゥ・マーズ」に、ほぼオープン仕様にしただけのコンセプトカーが、パイロットの愛車として登場したことからも明らか。まさに、ようやく時代がビークロスに追いついた。スタイリッシュなクロカン4WD「いすゞ・ビークロス」フロントシート

【ホンダ・エレメント(2002年)】

 2020年にデビューした新型モデルは、久しぶりに国産ビンテージイヤー(当たり年)といいたくなるほど豊作だったが、その中でもユニークなスタイリングで印象の残る一台が、マツダのクーペスタイルのSUV「MX-30」だろう。マツダのクーペスタイルのSUV「MX-30」俯瞰

 2019年の東京モーターショーでお披露目されたBEV(電気自動車)仕様ではなく、MHEV(マイルドハイブリッド)のパワートレインだったのは少々残念にも思えたが、かえってパワートレインで差別化していないからこそ、クーペSUVとしてのスタイリングが際立ったともいえる。マツダのクーペスタイルのSUV「MX-30」が採用した「フリースタイルドア」

 とくに「フリースタイルドア」と名付けられた観音開きのドアはSUVの新しい提案として評価されている。とはいえ、SUVと観音開きドアの組み合わせはMX-30が初めてというわけではない。ちょっと前でいえばトヨタFJクルーザーという前例があり、さらに遡ればホンダ・エレメントという先達が存在している。SUVと観音開きドアの組み合わせた「ホンダ・エレメント」

 2002年に誕生したエレメントのコンセプトをわかりやすくまとめると「ミニバンとSUVのクロスオーバーモデル」。サーフボードを室内に積めるSUVを目指して独自のパッケージが考え出され、さらに使い勝手をよくするために両側Bピラーレスの大きな開口部が求められ、その結果として観音開きドアが採用されていた。エレメントのコンセプトは「ミニバンとSUVのクロスオーバーモデル」

 日本では3年ほどと非常に短命に終わってしまったが、これだけSUVが増え、バリエーションが求めれる現在ではあればエレメント的な価値観はもっともっと高く評価されることだろう。日本では3年ほどと非常に短命に終わってしまった「ホンダ・エレメント」

noteで書く

画像ギャラリー