高齢ドライバーには何はともあれ「安全」! 安全装備が優秀な最新「軽自動車」4台 (1/2ページ)

高齢ドライバーには何はともあれ「安全」! 安全装備が優秀な最新「軽自動車」4台

この記事をまとめると

  • 最新の安全装備が充実する昨今の軽自動車
  • 人気モデルのADAS装備をチェックする
  • オプション装備もあるので予算と機能のバランスを見て選択する

安全運転支援機能でクルマを選ぶ時代

 コロナ禍のなかでも2020年の新車販売台数は171万8088台と前年比89.9%に踏みとどまった軽自動車。同年の登録車新車販売は288万527台となっているから、およそ38%が軽自動車という計算になる。

 乗用車だけに限っても軽自動車が133万1149台で、登録車は247万8832台。こちらも新車販売の3台に1台は軽自動車という計算。もはや、軽自動車は日本の自動車市場にとって欠かすことのできないカテゴリーになっている。そんな軽自動車から2021年のクルマ選びとしては必須機能といえる最新のADAS(先進運転支援システム)を搭載したモデルをチョイスして紹介しよう。軽自動車は日本の自動車市場にとって欠かすことのできない存在だ

1)最新のADAS機能を持つホンダN-ONE

 フルモデルチェンジしたばかりのホンダの軽自動車「N-ONE」ならば、グレードを問わず最新の安全装備を持っている。ホンダ車に共通する予防安全パッケージ「ホンダセンシング」は、登録車だろうが軽自動車だろうが基本的な機能は変わらない上に、新しいモデルほど最新の知見が盛り込まれている。2020年11月にフルモデルチェンジを行ったばかりのホンダN-ONE

 実際、N-WGNやN-ONEといった最近のモデルはホンダの中でも新しいタイプのセンサー(ミリ波レーダーと単眼カメラ)を用いるなど機能を進化させているのだ。具体的にいえば、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)は先行する車両や昼間の歩行者はもちろんのこと夜間の歩行者や自転車も検知してブレーキをかける機能を実現している。ホンダセンシングの機能一覧

 また、ホンダ独自の機能として歩道がわかれていないような狭い道で、歩行者との衝突を検知すると歩行者を避ける方向にステアリングを操作する機能も備えているほどだ。さらに高速道路走行時の運転支援機能となるACC(アダプティブクルーズコントロール)については渋滞時にも対応するタイプで、EPB(電動パーキングブレーキ)を備えることで停止保持までカバー。ステアリングに設定されているクルーズコントロールのスイッチ

 このEPBにはオートホールド機能も備わるので、市街地の信号待ちで足を離してもしっかりと停止保持をしてくれるのもうれしい。そんな最新のADAS機能を持つホンダN-ONEのメーカー希望小売価格は159万9400円~。パイクカー的プレミアムモデルというキャラクターのため少々お高くなってしまうが、2021年に選ぶモデルとして最高レベルの先進安全性能を持っているのも事実だ。電動パーキングブレーキのホールドレバーと電子パーキングブレーキ

2)死角を減らす機能も用意スズキ・スペーシア

 ところで、軽自動車で人気のあるスタイルといえば後席スライドドアのスーパーハイトワゴン。その一番人気は言わずもがなホンダN-BOXだが、二番手として確実な人気を集めているのがスズキ・スペーシアだ。小型ステレオカメラを使う「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備しながら、メーカー希望小売価格138万500円~というリーズナブルな価格設定も支持を集めている理由のひとつだ。スーツケースのような丸四角を採用したデザインのスズキ・スペーシア

 そんなスペーシアでは上級グレードでACCの設定があり、ふらつき警報などの予防安全も充実しているが、注目したい先進安全は「全方位モニター」だ。

 この機能を利用するにはメーカーオプションの「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」を選ぶことと、ディーラーオプションの対応ナビゲーションが必要となるが、クルマの前後左右に設置された4つのカメラ映像を合成して、クルマを真上から見たような映像などを映し出すだけでない。スズキ・スペーシアの全方位モニター用カメラパッケージ装着車両

 見通しの悪い場所で歩行者などが近づいてくるとワーニング音などで知らせる「左右確認サポート機能」も付くのがポイント。路地裏など狭い道で活躍する軽自動車だからこそあって嬉しい装備だ。

画像ギャラリー