セリカ! カローラ! ヤリス! トヨタの力を世界に見せつけた「WRCマシン」5台 (1/2ページ)

セリカ! カローラ! ヤリス! トヨタの力を世界に見せつけた「WRCマシン」5台

常に最高峰のカテゴリーに挑戦し 幾つものタイトルを獲得

 昨年の世界ラリー選手権(WRC)、マニュファクチャラーズ・ランキングでは惜しくも5ポイント差で2位に終わりましたが、ドライバーズ・ランキングではセバスチャン・オジェとエルフィン・エバンスが1~2位を分け合い、さらに今シーズンは日本人の若手ドライバー、勝田貴元がフル参戦することが発表されるなど、トヨタ・ガズー・レーシング(TGR)のWRCプロジェクトにはますます期待が高まっています。

 そんなトヨタのモータースポーツ事始めは、1957年にオーストラリアで行われたモービルガス・トライアルに招待されて参加したのが起源となっています。1957年、世界のラリーイベントへ先陣を切ったクラウン

 その後ラリーに関しては、60年代後半から、よりスポーツ性の高いヨーロッパのラリーに挑戦を開始し、73年から始まった世界ラリー選手権(WRC)にはグループ2/4のレビン&セリカで挑戦。世界ラリー選手権に1973年挑戦のセリカ

 車両規則が一新されグループBが主役となった83年以降、大きな飛躍を遂げることになりました。そんなトヨタの、栄光のWRCヒストリーを紡いできた主戦マシンの5台を紹介していきましょう。

サファリの王者となった後輪駆動のグループB トヨタ・セリカ・ツインカム-ターボ(TA64/Gr.B・1984年)

 車両規則が大幅に改定され、1983年にはWRCの主役がグループ4からグループBに移行しました。そしてトヨタの競技車両として、初のグループB車両となったのがトヨタ・セリカ・ツインカム-ターボ(TA64)でした。グループB仕様マシンのセリカ・ツインカム・ターボ

 ベースモデルとなったのは82年9月に3T-Gを搭載してデビューした1800GTで、グループBのホモロゲーションモデルのGT-TSが200台生産されています。さらに、そのホモロゲーションモデルから20台のエボリューションモデルがトヨタ・チーム・ヨーロッパ(TTE)で製作され実戦に投入されることになりました。

 エンジンは1.8ℓから2090cc(ターボ係数で2926ccに換算)まで排気量を拡大。KKK社製に置き換えられたターボチャージャーによって400馬力近くまでパワーアップしていました。外観ではライズアップ式のヘッドライトが固定式となり、樹脂製のブリスターフェンダーと相まって存在感は倍増。またトランクに装着したオイルクーラーのコアが顔を出すリアビューもただならぬ迫力を醸し出しています。過酷なサファリラリーに君臨したセリカ

 1983年のアイボリーコーストでWRC初優勝を飾るとサファリでは84~86年に3年連続優勝するなど、アフリカのラリーで圧倒的な強さを発揮しました。

4輪駆動を採用しトヨタに初のタイトルをもたらす トヨタ・セリカ GT-Four(ST165/Gr.A・1988年)

 グループBがどんどんと先鋭化され、グループSへの発展も計画されていましたが、度重なるアクシデントによりプロジェクトが頓挫。1987年からはグループAが主役に引き上げられることになりました。グループBからグループAに移行したとは言うものの、ターボ・エンジンと4輪駆動システムは必至の状況でしたから、トヨタとしても両方を備えた次期FXを開発する必要があると判断。こうして生まれたのがセリカGT-Four(ST165)でした。セリカGT-Four(ST165)

 ベースとなったのは85年に登場した4代目…それまでの後輪駆動から前輪駆動へとコンバートされたT160系のセリカに、1年後に追加設定されたフルタイム4WDシステムを組み込んだGT-Four。トヨタのラリーカーとしては初めて4輪駆動が採用されたことが最大の特徴でした。セリカGT-Four(ST165)サファリ仕様のコクピット

 88年シーズンに実戦デビューしたGT-Fourは翌89年のオーストラリアで初優勝を飾ったものの、2シーズンは苦戦を余儀なくされました。しかし、熟成を進めて臨んだ90年シーズンは、初戦のモンテカルロでカルロス・サインツが2位入賞で上々の滑り出しを見せ、シーズンを通じて12戦4勝、2位4回など上位入賞を重ねたサインツが、ドライバータイトルに輝いています。これは国産車を駆るドライバーとしては初の栄誉でマニュファクチャラーでも僅差の2位でした。

重いボディに翻弄された悲運のモデル トヨタ・セリカ GT-Four(ST205/Gr.A・1995年)

 1993年にトヨタは、WRCにおいて日本初となるダブルタイトル(メーカー&ドライバー)を獲得することになりました。当時の競技車両は2代目のGT-Four(セリカとしては5代目となるST185)でしたが、ベースモデルがフルモデルチェンジを受けて6代目(T200系)に移行したために、3代目となったGT-FourをベースにグループAの競技車両を開発することになりました。こうして登場したモデルがST205でした。セリカ GT-Four(ST205)

 市販の乗用車はモデルチェンジの度にボディが大きく重くなっていきますが、T200系セリカもその例外とはならず。よってライバルがこぞって一回りコンパクトなモデルへとベースをコンバートしている中で、トヨタ(とTTE)は競技車両を製作するにあたり苦労の連続となりました。セリカ GT-Four(ST205)リヤビュー

 またロードモデルでは評価の高かったスーパーストラットサスペンションも、競技車両を製作する上ではマイナス要因となったようです。ST205がデビューした94年は、シーズン中盤まで先代モデルのST185が活躍し2年連続でダブルタイトルを獲得したものの、ST205の初優勝は翌95年のツール・ド・コルスまでお預けとなりました。さらにカタルニアで車両規定違反が発覚、このシーズン全戦のポイントを剥奪されると同時に翌年は活動休止。悲運のラリーカーとなってしまいました。

画像ギャラリー