わずか400台の希少性! 「R205」という珠玉のSTIコンプリートモデルの驚くべき中身 (1/3ページ)

わずか400台の希少性! 「R205」という珠玉のSTIコンプリートモデルの驚くべき中身

限定車をベースとしたコンプリートカー

 R205はSTIのコンプリートカーシリーズで唯一“R”の称号を持つコンプリートカーだ。2010年に400台限定で発売されたモデルで、“R“のバッジはレーシングではなく「ロードスポーツ」の意味がこめられていた。サーキットはもちろん、実用速度域の公道でも最高のパフォーマンスを楽しめるクルマとして仕立てられている。

 GRB型インプレッサWRX STIは、ニュルブルクリンク24時間耐久レースにSUBARU NBRチャレンジとして参戦。2008年、2009年はクラス5位を獲得している。このNBRチャレンジで培ったテクノロジーを惜しみなくフィードバックしたモデルがR205である。ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦したSUBARU WRX NBRチャレンジ

 ベースとなるのはGRB型3代目インプレッサWRX STIスペックC(前期型)で、R205と同じ2009年に登場したモデル。競技車両ベースという位置づけながら、2代目GDB型インプレッサ WRX STIスペックCと比べると、快適装備が充実しているものの、アルミ製ボンネットフードや小型バッテリー、専用軽量ホイール、インタークーラーウォータースプレー、ツインスクロールボールベアリングターボ、専用スタビライザーなど軽量化をはじめとした走りを磨く専用装備を多数採用していた。インプレッサWRX STIR205に採用されたアルミ製ボンネット

 じつは意外と知られていないのが、この前期型WRX STIスペックCも1000台限定モデル(一般向け販売は900台)。つまりR205は限定車をベースとしたコンプリートカーなのである。

画像ギャラリー