伝説のトヨタ2000GTが「小さめ」に誕生! ズタボロ「カプチーノ」の華麗なる変身っぷり (1/2ページ)

伝説のトヨタ2000GTが「小さめ」に誕生! ズタボロ「カプチーノ」の華麗なる変身っぷり

「ロングノーズ・ショートデッキ」の名車を「名軽自動車」で再現!

 東京オートサロンは多くの自動車メーカーやプロショップによる最新のカスタムカーやパーツ類の発表の場とされているが、その中にあって毎回ギャラリーの注目を集めているのが、日本自動車大学校(以下、NATS)カスタマイズ科の生徒たちが製作したカスタム車両だ。出展する車両は、奇抜さや話題性を狙う班もあれば、プロショップが作ったような細部にまでクオリティを追求した班もあったりと、老若男女見る者を楽しませてくれる。 

 今回紹介する2020年出展時のカプチーノはご覧の通り「トヨタ・2000GT」をオマージュ。製作する学生たちが平成(しかも中期)生まれということもあり、彼らが生まれてない時代のレース車両や、彼らから見ればおじいちゃん世代の愛車にあたる旧車たちを鈑金・塗装で再現することもしばしば。そんな彼らが2000GTを題材に選び、そしてそれをカプチーノでどう仕上げていったのか、ご紹介していく。日本自動車大学校(NATS)が東京オートサロン2020に出展したカプチーノベースの2000GTを紹介

この世に2台だけ存在する「ボンドカー」をオマージュ

 ショーネームは「NATS 2020GT」。トヨタの名車2000GTを思わせるフォルムのそれは、屋根を開けると映画「007は二度死ぬ」でボンドカーとして使われた思い浮かべる人もいるハズ。2000GTの市販車はクーペのみで、オープン仕様は映画用としてカスタムされた2台(撮影用と予備用)だけの特別な車両だったのだ。とはいえ、2000GT(1967年~1970年)も映画も1967年公開と、半世紀以上も前となるので劇場で観た人は少ないかもしれない。日本自動車大学校(NATS)が東京オートサロン2020に出展したカプチーノベースの2000GTを紹介

 そんな超希少車に目をつけたのが「NATSカスタマイズ科」6班の学生たち。この6班は旧車好きが集まったグループ。それもあり今回のモデル製作に至ったのだが、2000GTのフォルムを再現するベースとして、ロングノーズ&ショートデッキの車両を探したのだが、紆余曲折を経て合致したのがカプチーノだった。日本自動車大学校(NATS)が東京オートサロン2020に出展したカプチーノベースの2000GTを紹介

「製作に使える予算は、車両代を含め上限100万円以内。カプチーノは中古車市場でも根強い人気があり、最低限走れる状態の個体でも40万円もするんですよ。なので錆び錆びでいたる所に穴が空いていて、カーペットを剥がしたらアリだらけだったという、格安車両を見つけたのでそれをベースにしました。それでも10万円しましたが(笑)」。

 そんなベースだったこともあり、カスタマイズ以前にまずはレストア作業。まずは「ドンガラ状態(装備品を全て外したフレームのみ)」にした後にボディのサビ取りや塗装、穴の空いた各所の溶接、ミリ単位でのフレーム修正などを行った。それが完了したのが作業開始から約3ヶ月が過ぎた頃だったという。 

画像ギャラリー