冬の車中泊の鍵は「断熱」にあり! 快適な「寝床」を実現するアイテムと方法 (1/2ページ)

冬の車中泊の鍵は「断熱」にあり! 快適な「寝床」を実現するアイテムと方法

冬の車中泊を快適に過ごすためのアイテムを紹介

 寒い時期の車中泊を快適にするポイントはなんといっても「冷え防止」。ガラスと鉄板に囲まれたクルマは、エンジンを切るととたんに冷えてしまう。寒さは体に堪えるし、結露で寝袋や着替えが濡れるとやっかいだ。冬の車中泊は地域によっては雪に埋もれてしまうことも

 かといってエンジンをつけっぱなしにすると音が響くし、排気ガスが逆流する危険がある。とくに雪でマフラーがふさがると、逆流による一酸化炭素中毒の危険は高くなる。エンジンを切って、車内で心地よく過ごすには何が必要なのだろう?

銀マットと防水バッグで床の断熱

 シートや荷室をフラットにしたら、いつものマットの下に厚手の銀マットを敷いて底冷えを予防する。見落としがちだが、ドアのステップから冷たい空気が流れ込みやすいので防水バッグやビニール袋に道具をいれて、それをステップ付近に置いて防いでおきたい。ドアのステップから冷たい空気が流れ込みやすいため、荷物を置いて冷風を防ぐ方法がある

厚手のシェードやマットで窓の断熱

 窓の断熱に効果的なのは厚手の中綿入りシェードだ。車種別に設計されたシェードは小窓までぴったり塞げて見た目もいい。ただ、いちいち小さな窓にまで取り付けるのは手間がかかるし、クルマを買い替えた際に使えない場合も。車内の温度を保つためにも窓にはシェードやカーテンで仕切りを入れると効果的だ

 もっと楽に窓断熱をしたいなら、少し大きめの銀マットを窓に立てかけるだけでもいい。見た目はいまいちだしかさばるが、ただ立てるだけなので準備も後片付けも簡単。中綿入りシェードも銀マットも、窓が結露したとしても車内側までにじみづらく、寒さとともに寝袋を濡らすのを防げることも利点だ。窓断熱をするなら銀マットという手段もある

締め付けず速乾性の高いウエアを重ね着

 きついゴムが入ったウエアや靴下は血行を悪くする原因になりかねない。ゆったりした服を重ね着してこまめに温度調節するのがベストだ。また、気をつけたいのはアンダーウエア。寒い時期でも汗は出るので、汗でアンダーウエアがしっとりしたままだとそれだけで冷えてしまう。速乾性の高いアンダーウエアを身につけておきたい。冬の車中泊では速乾性の高いアンダーウエアを身につけておきたい

冬用寝袋でも足元と首にフリースをプラス

 就寝時は保温性の高い冬用寝袋を用意する。大きく開き、寝袋の中に入りやすいため車中泊でよく用いられている封筒型寝袋は、首元が冷えやすいのでどちらかといえば夏の車中泊向き。封筒型を使う場合は、フードが付いていない場合はニットキャップをかぶり、首元をブランケットでカバーしておきたい。寒さをしのぐためにもマミー型の寝袋にフリースを追加して対策を練りたい

 また、マミー型にも使える技だが、保温性の高い寝袋でも足先が冷えやすいため、寝袋の中にフリースの着替えやブランケットなどをいれると朝まであたたかく眠れる。フリースがあると、寝袋の中で体温の調整も可能だ

保温ボトルを用意してこまめに水分補給

 乾燥防止とエコノミー症候群予防のためにも、こまめな水分補給が必要だ。保温ができるボトルに湯を詰めておくといつでも温かい飲み物を作れて重宝する。余った湯は翌朝の歯磨きや洗顔に使えるので、大きめの保温ボトルがほしいところだ。保温できる水筒で水分補給も忘れずに行いたい

画像ギャラリー