ドバイの「GT-R」マニアがR34を左ハンドル化! 情熱が凄すぎる (1/2ページ)

ドバイの「GT-R」マニアがR34を左ハンドル化! 情熱が凄すぎる

ドイツ人写真家が出会った世界のGT-R乗り

 自らもGT-Rオーナーであるドイツ人写真家、アレキサンダー・キューレテム氏が世界中を旅して出会った各国のGT-Rオーナーたち。彼らは日本の名車に対する想いが強い。写真集「GT-R THE JOURNEY」にも登場するアラブ首長国連邦のRマニア、スルタン・アル・マンスーリさんのR34GT-R VスペックIIも海を渡り、大切にされているクルマの1台である。

UAEでもGT-Rの知名度は高い

 アラブ首長国連邦(以下UAE)やサウジアラビアなど湾岸アラブ諸国では、スカイラインはよく知られた存在。左ハンドルモデルが正規に販売されていたためだ。が、GT-Rとなると話は別。右ハンドル車両の走行が原則的に禁じられており、GT-Rには左ハンドルの設定がなかったのがその理由だ。

日産スカイラインR32GT-Rの正面画像

 とはいえ、GT-Rはゲームを通じてUAEでも絶大な人気を誇る1台だ。今回紹介するスルタンさんもやはりゲームをプレイすることでGT-Rをよく知っていたという。さらに1990年代半ば、非常に高価だったGT-RがUAEにも輸入され、レースシーンで大活躍しているという話も聞いたことがあったそうだ。

R32と出会いマニア道に一直線

 そんなスルタンさんが購入に向け、本格的にリサーチを始めたのは2001年ころ。アメリカでの留学生活を終えて帰国してからのことだ。彼はとあるR32と出会う。オーナーの名はオムランさん。このクルマと出会ってから数年が経過した後、彼からそのR32を譲ってもらうことになったのだ。その後はさらにR34やケンメリ、そしてハコスカなどを次々と入手していったという。

R32スカイラインGT-Rのリヤ走行写真

 ちなみに、オムランさんは写真家アレックスさんとは旧知の仲。そのつながりで写真集「GT-R THE JOURNEY」にも登場することになった。

 UAEといえば、日本人にとっては首都ドバイに立つブルジュ・ハリファに代表される高層建築。そしてドバイマリーナなどの都会的なイメージがある一方、国土の大半は砂漠で暑いというイメージを持つのが一般的だろう。そんなUAEでGT-Rを所有して実際に走らせるとなると、どういったシーン使っているのか気になるところだ。 

「走ることのできる期間は気温の低い冬の間だけだね。11月から3月までなら快適に走らせることができるよ。普通にドライブしたり、コーヒーを飲みに行ったり。UAEを走っているGT-Rは少ないけれど、ときにはGT-Rだけで集まったりするミーティングもあるんだ。だいたい年間3000㎞くらいは走る感じかな」

画像ギャラリー