レース見ながらキャンプができる! ブーム到来の「レースキャン戦」が面白すぎる (1/3ページ)

レース見ながらキャンプができる! ブーム到来の「レースキャン戦」が面白すぎる

家族連れでもお一人様でも楽しめる! 「レース観戦券付きオートキャンプ」とは

 ひと昔前のキャンプといえば、多少の不自由を覚悟の上でひとときの静けさを味わう……のが主だったと記憶している。しかし近年のキャンプ場は、アスレチックやラフティングなどのアクティブな施設が併設されたり、ホテル並みの豪華な装備とアウトドアを掛け合わせたグランピング施設を取り入れたり、多種多様なスタイルが続々と登場している。

 紹介する「富士スピードウェイ アクティブパーク」もまたひと味違った、レース(今回は昨年秋に開催されたスーパー耐久24h)を観ながらキャンプができるという、レース好きには堪らない新感覚のアウトドア。富士スピードウェイ敷地内にテントを張ってレース観戦している人

 人気ポイントにもなると前日深夜から入場ゲート前に並ひ、車中泊をするツワモノもいるとのこと。それはまるで、ニュルブルクリンクの24時間耐久レースのよう。ニュル耐でキャンプをしている外国人

 ちなみに同所ではキャンプ未経験者が参加しやすいよう、レース観戦券に何とアウトドアブランドのテントがセットになったチケットを販売。テーブルやチェア、食材を用意して来場して、会場にセット済みのテントで過ごしながらレース観戦、帰りはそれを畳んでお持ち帰りできるという、何ともユニークなスタイル。「富士スピードウェイ アクティブパーク」

 そんなキャンプ×レース観戦というスタイルを楽しむべく来場した5組のユーザーさんをご紹介していきます。

【初のテント泊は大好きなレース観戦と共に】

 スーパーGTやスーパー耐久の観戦が好きなSサン。富士スピードウェイで開催される際には足繁く通っていて、この日も深夜2時すぎからゲート前で待機していたとか。スーパー耐久24hを観戦しながらキャンプをするユーザー

「プライベートでのキャンプはほとんどしませんが、富士でやるレースは泊まりで観戦に来るほど好きです(笑)。以前はテレビ観戦程度でしたが、1度生観戦してからは実際に観るモノだな、と感じました。
 今回は観戦券+テントセットを購入して参加。「今まで持っていたテントより、もう少し大きなテントが欲しかったのでピッタリです」。サイトを演出する可愛らしい風車やキャンプグッズは主にネットで購入。中でもSさんお気に入りのグッズは「アルポット」。アルコールコンロに着火してラーメンや味噌汁、コーヒーだけでなく、ご飯も炊ける便利アイテム。アルポット

画像ギャラリー