「脱輪」「アイドリング不安定」「道交法違反」! うかつに手を出すと危険なカスタマイズ4選 (1/2ページ)

「脱輪」「アイドリング不安定」「道交法違反」! うかつに手を出すと危険なカスタマイズ4選

素人がおいそれと手を出しにくくなっている

 大切な愛車だからこそ人任せにせず、何もかも自分で手をかけてあげたい。その気持ちは立派だし理解できるけど、大切だからこそプロに頼むべきこともある。安易に手を出すべきではないカスタムの代表例を挙げてみよう。

 ほんの少し扱い方を間違えるだけで、事故に繋がる可能性があるクルマ。それは運転だけに限らず作業に関しても同様で、だからこそ整備士の資格や認証工場が存在する。特に最近のクルマは何かに付けて電子制御が介入し、素人がおいそれと手を出しにくくなっているのだ。それらを含め『プロに任せたほうが安心』なカスタムとは何だろうか。

ブレーキ周りは専門的な知識を要する作業

 まずはブレーキまわり。パッド交換なんてカンタンと思うかもしれないが、車種によっては細かい部品の脱着が多い場合があり、またピストンを戻すには特殊工具も必要となる。ブレーキ類の交換も簡単そうに見えるが実は難しい 手で押し込むには人間の力じゃ到底ムリだし、ペンチなどで代用するのもちょっと厳しい。さらに交換後はブレーキフルードのエア抜きが必要で、どれもこれもミスが大事故に直結する作業ばかり。そもそもブレーキは『重要保安部品』で、整備士の資格がなければ触ってはいけない部分。自分のクルマに関しては法的な問題こそないものの、それだけ専門的な知識を要する作業というワケだ。重要保安備品なだけにプロにお願いをしたい

ボディリペアは相当な経験がないと難しい

 次は塗装を含むボディのリペア全般。コンパウンドで薄い傷を消すくらいなら余裕だけど、パテを盛って修復したり塗装するとなれば話は変わってくる。相当な経験がなければ表面を平らにするのは至難の業だし、隣接する部分と色を合わせるのも素人にはまず不可能。板金もプラモデル感覚で…と思うかもしれないが、失敗をすると大事になる 屋外での作業となれば急に雨が降ることもあるし、砂やホコリが付着してキレイに仕上がらない心配もある。経験と技術と設備を備えたプロに依頼するほうが後悔しないだろう。

画像ギャラリー