希少な6速MTを楽しめる小型SUV! 「フィアット・パンダ クロス4×4」215台限定発売

希少な6速MTを楽しめる小型SUV! 「フィアット・パンダ クロス4×4」215台限定発売

コンパクトボディの取り回しが楽しい6速マニュアルの4WD2気筒ターボ

 小振りだが活力溢れるキャラクターの「フィアット・パンダ・クロス・フォーバイフォー」が日本市場に投入されたのは昨年10月のことだった。40年ほども古くから馴染み深いちっちゃなフィアット・パンダには4輪駆動もあったが、近年流行りのクロスオーバーSUVに育て上げられて登場したのがこのクロス・フォーバイフォーだ。兄弟車の現行パンダとはホイールベースの長さは変わらないものの、車高8cmなどのアップもあり少しばかりボディは大きくなり車内空間の広がりを感じさせられる。パンダ・クロス・フォーバイフォーのシート もともとコンパクトながらも5人乗車のユーティリティに引けを取らない車内空間だったパンダだが、クロス・フォーバイフォーではキャンプなどに繰り出す時などの積載性においても限られたスペースを効果的に利用していることが見て取れる。加えて4輪駆動、マニュアルの6速トランスミッションをたずさえて、街に野山にキビキビと繰り出していく楽しみを味わえる小型SUVだ。

 その第一弾であったクロス・フォーバイフォーはパステルイエローの華やいだボディだったが、わずか150台限定でもあり完売。それから半年後、人気だった市場をフォローするべく第2弾が2021年4月24日(土)より、全国のフィアット正規ディーラーにて販売される。215台限定にてメーカー希望小売価格は、2,630,000円(税込)。ボディカラーはモード グレーのパンダ・クロス

 今回のボディカラーはモード グレー。前回のパステルイエローとの比較で言えば「金といぶし銀」との違いかもしれない。落ち着いた色彩だけに日本の風土に溶け込むようにも思える。ボディカラーに合わせて明るい彩色のアルミホイールを履かせ、ボディサイドモールディング、ルーフレール、フロントリヤのガードなど全方位にピンポイント的に配されたアウトドア的風貌も、モード グレー色とあいまってより引き締められたものとなっている。ヒルディセントコントロール機能などの走行モード選択 ベース車と同じ875ccの直列2気筒ターボ「TwinAir」エンジンで楽しくツーリングし、向かった先のオフロード悪路を走るにももってこいの4WDと6速MT。現場で下りの急坂に遭遇した際にも滑り落ちないように安全運転を支援するヒルディセントコントロール機能がある。悪路を走る喜びを知っているからこそ用意された機能で、この運転支援によりさらにひとつうえの走りを味わうことになるだろう。

 道を選ばないSUVだけに都市のビル街であろうと、すんなりと入り込んでいくのは言うまでもない。モード グレーはそこにもまた馴染みそうな、迷い込んだなどとは微塵にも感じられないボディカラーだろう。

画像ギャラリー