残念すぎる「東京モーターショー開催中止」! 過去出展された「幻のオープンカー」コンセプト9連発 (1/3ページ)

残念すぎる「東京モーターショー開催中止」! 過去出展された「幻のオープンカー」コンセプト9連発

まだ再考の余地はないのか? 東京モーターショーの「火」を絶やすな

 4月22日、日本自動車工業会は東京モーターショー2021を中止することを発表した。史上初めてのことで、まだ気持ちの整理がつかないクルマ好きも多いのではないだろうか? 東京モーターショーに出展されたキラ星のようなコンセプトカーを振り返ることで、少しでも元気になってほしい! モータージャーナリスト片岡英明が、市販されなかった「幻のオープンカー」を振り返る。

【光岡オロチヌードトップロードスター】一度見たら忘れられない

 光岡自動車は2001年の第35回東京モーターショーに、インパクト十分のスーパーカー、オロチを出品している。その2年後のショーには日本の保安規準に適合させるべく専用シャーシを開発。ボディもリファインした第2世代のプロトタイプを展示した。これに続く2005年のショーでベールを脱いだのがフルオープンのヌードトップロードスターだ。かつて東京モーターショーに出展されたオープンカーコンセプトの歴史を振り返る
 ルーフを取り去りオープンにしたが、個性的なデザインとともに注目を集めたのがドアの開閉構造である。斜め前方にせり上がるガルウイング式シザードアを採用。エンジンはトヨタ製の3MZ-FE型V型6気筒DOHCだ。市販が期待されたが、発売されてはいない。かつて東京モーターショーに出展されたオープンカーコンセプトの歴史を振り返る

【スズキGSX-R/4】グランツーリスモとコラボ

 2001年のフランクフルトショーでお披露目され、東京モーターショーにも出品されたコンセプトカーだ。その名から分かるように、スズキを代表するスポーツバイク、GSX-Rの哲学を4輪に落とし込んだスポーツカーである。かつて東京モーターショーに出展されたオープンカーコンセプトの歴史を振り返るエンジンは、その当時世界最速を誇った「ハヤブサ」の1.3L直4DOHCだ。ミッションは6速のシーケンシャルMTを採用した。
 アルミのスペースレームにFRP製のボディを組み合わせているが、外装デザインにはオートバイの雰囲気が漂う。むき出しの足まわりも特徴のひとつだ。また、このGSX-R/4はTVゲーム「グランツーリスモ」とコラボしたことも話題に。

【ホンダ・アルジェントヴィーヴォ】S2000プロトタイプの兄弟車

 ホンダは1995年のショーに、ホンダS2000のプロトタイプ、「SSM」を出品している。このショーで、もう1台、ホンダエンジンを積むオープンカーがベールを脱いだ。カロッェリア・ピニンファリーナのブースに展示されたアルジェントヴィーヴォである。車名はイタリア語で「流動する銀」や「水銀」の意味だ。かつて東京モーターショーに出展されたオープンカーコンセプトの歴史を振り返る
 デザインスタディで、発売は考えていない。だが市販できるほど完成度は高く、スタイリッシュ度も群を抜いていた。シャーシはアルミのスペースフレーム構造で、ボディのシルバーの部分もアルミ製である。イメージしたのは鎧だ。エンジンは2.5ℓの直5SOHCを積んでいる。駆動方式はFRだ。かつて東京モーターショーに出展されたオープンカーコンセプトの歴史を振り返る

画像ギャラリー